備忘録ブログ。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
カウンター
ブログパーツUL5
楽天
amazon.com
あなたも、おしゃれなブログ      始めてみませんか?
RECOMMEND
2018.6.17〜18 大天井岳(おてんしょうだけ)
category: 北アルプス | author: オオケン

天気予報を睨みながら、6月の梅雨の晴れ間を狙って、

 

嫁さんと二人で晴れてそうな北アルプスの大天井岳と常念岳に行くことに。

 

中央道から長野道の高速を降りて、

 

安曇野の一ノ沢登山口近くの駐車場にはすでに何台か停まっているが、

P6170745.jpg

 

日曜日とはいえまだまだ本格的なシーズン前なので、これでも全然人は少ないほうだろう。

 

登山届を提出して、入山は朝8時すぎ(相変わらず遅い)

P6170044.jpg

 

 

ここの登山口で標高は1320m。

 

途中の常念小屋のある常念乗越(のっこし)が2460mということで、まずは1140m程登ります。

 

移動距離も5.7km程あるので、そこまでのコースタイムも4時間30分程。

P6170045.jpg

 

お昼に常念小屋について夕方に大天井岳の近くにある大天荘まで行って、そこでテントを張る予定。

 

順調に行けば16時くらいにはテント場へ到着する計画です。

 

 

しばらくは樹林帯の沢沿いを進んでいきます。

 

天気が青空過ぎて、日差しが強烈です。

 

空の色がブルーの短パンと靴下と同じ色ですね(偶然)

 

 

 

常念岳が見えてきましたが、かなり遠いです。

P6170058.jpg

 

標高が2000mくらいになると、雪渓が出てきた。

 

今回は軽アイゼンも持ってきましたが、雪がザクザクなので

 

そのままで通過。

 

沢に沿って雪渓があるので、川に落ちないように雪の割れ目には近づかないように

 

ツボ足とストックで慎重に進んでいきます。

P6170061.jpg

 

雪がなくなると、階段で一気に高度が上がります。

 

崖の横を通って、胸突き八丁の高巻きを越えて

P6170786.jpg

 

地図上では水場がこのへんで無くなるみたいなので、

 

ここで3日分の雪解け水を汲んでおきます。

P6170064.jpg

 

プラティパス2L×2本とナルゲンボトル1Lの

 

合計5L程追加になったので、ザックが重いです。

 

多分、総重量25kgくらいあります。

 

 

桜のような花や

P6170793.jpg

 

スズランのような植物が咲き誇っていた(あまり興味はないけど)

P6170795.jpg

 

 

ちょうど12時頃に常念乗越に到着。

 

一気に眺望が開けて、目の前に槍がドド〜ンと(近い!!)

P6170802.jpg

 

槍と穂高連峰を眺めながら昼食。

P6170809.jpg

 

 

たまには自分を自撮り。

P6170805.jpg

 

 

昼過ぎからちょっとガスが増えてきたので、

 

大天井岳方面へ向けて出発。

P6170819.jpg

 

槍が見放題なので、頻繁に止まって眺めるので

 

なかなか進みません(贅沢な景色です)

P6170827.jpg

 

 

日曜日なので、雪に囲まれてる槍や奥穂に登っている人も多いんだろうな〜

P6170834.jpg

 

自分はまだまだ雪山は無理です(冬靴もピッケルも12本アイゼンも持っていないので)

 

 

進んですぐにいきなりの急斜面を登って、横通岳(2767m)の横を通っていきます。

P6170075.jpg

 

 

暫く進むと気持ちの良い稜線沿いの道。白馬岳に行った時を思い出すような稜線が続きます。

P6170841.jpg

 

 

 

常念山脈を境に雲が東へ押し戻されています。

P6170848.jpg

 

なので、ず〜っと晴天の中を歩けました。

P6170863.jpg

 

高所で日陰が全くないので、サングラス必須です。

P6170851.jpg

 

 

 

P6170886.jpg

遠くに大きな雪渓が見えてきた。

 

どうやらあそこを通る必要があるらしい。

P6170876.jpg

 

 

 

 

 

トレースが付いていて、ここもアイゼン無しで全く問題なし。

P6170894.jpg

 

 

ただ、太陽で溶けたところが氷で固まっていてツルツルの箇所もあったので

 

慎重に進んでいきます。

 

東天井岳の尾根を越えると、

P6170905.jpg

 

中天井岳の向こうの向こうにようやく大天井岳がチラ見。

 

本日の幕営地の山荘が見えてきて、16時にテント場へ到着。

P6170089.jpg

 

 

すでにテントを張って槍を眺めていた女性の先客がおりましたが、

P6170917.jpg

 

 

他には誰もいない。

 

山小屋には関係者の人がいたが今日着いたばかりで、まだ営業はしていないらしい。

 

なので、テント代は無料。

 

トイレは山小屋の中のを使用しても良いとご厚意をいただいた(ありがたい)

 

テントはなるべくフラットで、風のあまり当たらなそうな場所を選ぶ。

P6170916.jpg

 

 

 

ガスも多くなってきて眺望もあまり良くないので、

 

このままテントの中で夕食を食べて(風が冷たく寒いので)早々に就寝。

P6180947.jpg

 

 

翌日朝は雲海のみで朝焼けは見られず。

P6180100.jpg

 

 

朝食を食べて、テント場から10分ほどでサクッと大天井岳(2922m)を登頂。

P6180937.jpg

 

来月7月に行く予定の燕岳や燕山荘が見えました。表銀座の縦走路もクッキリ。

P6180934.jpg

 

 

テントに戻って、常念岳方面に戻る途中で、地震速報が(山頂でも携帯電話の電波は通じます)

 

大阪北部で震度6らしく、自宅(滋賀北部)にもまあまあ近いので

 

息子にLINEですぐに安否確認(便利な世の中です)

 

 

とりあえず地震の影響は大丈夫そうだが、家のことも気になるし

 

これからの天候もイマイチということでもう一泊する予定が、

 

常念岳は次回までの楽しみに取っておくということにして、そのまま下山することに。

 

 

曇り空のなか、歩いていると、

 

すぐ目の前で突然岩が転がった・・・・・と思ったら

 

雷鳥でした。

P6180979.jpg

 

しかも模様の違う二匹目にも遭遇。

P6180986.jpg

 

雨とか曇り空に出現するんでしょうか。

 

昨年の雨の白馬岳で出会った雷鳥を思い出しました。

 

常念岳が近くに見えますが、あそこまで行くのに一旦常念小屋まで降りてから

 

さらにそこから上り1時間以上かかるっぽい(意外に遠いです)

P6180976.jpg

 

なので、今回は早めに帰宅することを優先して、下山。

 

14時前には駐車場まで降りてこられました。

 

 

※自宅や子供は特に地震の影響は無しでした。

 

今回の主な登山装備:

私の75Lザック/嫁の80Lザック/MSRテント/調理器具/MSR鍋

プラティパス2L水筒/ナルゲン1Lボトル/トレッキングポール

 

comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  
2018.6.2〜6.3 蝶ヶ岳(晴れ)
category: 北アルプス | author: オオケン

高校の部活を先日引退し、体力が有り余っているであろう息子と二人で

 

週末の土日に山へいくことに。

 

息子とは二年ほど前に薬師岳へ登ったり、

 

昨年は八ヶ岳の赤岳へ登ったりと、ちょこちょこと一緒に登山に行っている。

 

なので、それなりに登りごたえのある山でないと

 

満足しないだろうと思い、まだまだ残雪が残っているであろう、

 

北アルプスへ行ってみることにした。

 

 

土曜日の深夜〜早朝に岐阜県側のあかんだな駐車場に車を駐めて、

 

バスに乗りかえ朝7時すぎに上高地に到着(往復2050円/人です)

 

 

 

 

天気も良くて、河童橋から見る西穂高岳方面が素晴らしい。

P6020424.jpg

 

 

 

 

息子も初めて見る穂高連峰に少し感動しているようで

 

しきりにスマホで写真を撮っていた。

P6020432.jpg

 

 

 

 

小梨平キャンプ場の脇を通り過ぎて、徳沢までズンズン歩いていく。

 

上高地にあるいくつかのキャンプ場は

 

芝生で気持ちよさそうなので、そのうち泊まってみたいですね。

P6020437.jpg

 

 

ずっと平坦の徳沢園までは一時間半くらいで到着。

 

そこからいよいよ登山口から登っていきます。

P6020445.jpg

 

樹林帯を抜けて、急登のつづら折れを登り切ると

 

やがて雪がちらほら。

 

 

 

そのうちほぼ雪で覆われた道になる。

P6020447.jpg

 

気温も高くて、雪も緩んでいて

 

ソールの硬い登山靴なら全然問題なし。

 

雪がゆるいところでは、足がズボッとハマることもあるので

 

ゲイターを装着して進む。

 

 

 

泥でドロドロの区間でも、ゲイターがあれば

 

躊躇なく進めるので精神的にも非常に楽だ。

P6020453.jpg

 

息子に先頭に行ってもらいルートを捜しながら進んでいく。

 

今回息子には65Lのザックを背負ってもらっているが、

 

部活を引退したばかりなので、全然息が切れておらず

 

かなりのハイペースで登っていき、

 

自分も体力はある方だがついて行くのがやっと(汗

 

 

 

雪なので踏み跡がわかりずらいが、

 

リボンやマーキングが到るところにされていて

 

ルートファインディングはわかりやすい方だと思う。

 

登山口から3時間程で稜線に出る。

P6020465.jpg

 

穂高連峰から遠くに槍ヶ岳がキタ〜

 

 

 

 

 

稜線上には本日の宿泊予定地の蝶ヶ岳ヒュッテが見えてきた。

P6020467.jpg

だいぶガスっています。

 

 

 

 

テント場はまだお昼なので、ガラガラ。

P6020478.jpg

 

 

 

 

受付をサクッと済ませてテントを張ります(1000円/人)

P6020481.jpg

 

 

 

飲料水はヒュッテで1L・200円で買えます。

 

とりあえず下から担ぎ上げてきた2Lがあるので買わずに済んだけど

 

少しでも軽くして山頂で水を購入するってのも、アリだな

 

と思いました。まあ今後の体力次第ですが・・・

 

ヒュッテ近くのベンチで、絶景を眺めながら昼食を作って

 

コーヒー飲んで至福の一時。曇っているのでちょっと寒いです。

P6020486.jpg

 

予定では15時くらいにテント場に到着予定でしたが、まだ13時頃。

 

昨晩、仕事を終えてすぐに車を走らせてきたので(朝到着後2時間くらいは仮眠した)

 

さすがに眠くなってきた。

(いつもは嫁さんと運転交代しながらなのでもう少し眠れている)

 

稜線上は風が冷たいが、テントの中は思いの外暖かい。

 

15時くらいまで昼寝。

 

 

 

夕方に一旦起きて、山をボーッと一時間くらい眺めつつ

P6020502.jpg

 

日が暮れる前に夕食の準備。

 

 

 

来る途中にセブンイレブンで購入した、金のビーフカレーが激ウマでした。

P6020510.jpg

 

 

 

最近コーヒーはゴールドフィルターをジェットボイルに載せていれていますが

 

これがなかなか良い組み合わせで気に入っている。

P6020520.jpg

 

 

 

 

この時間になるとだいぶテント場も賑やかになってきたけど、

 

夏山シーズンの週末や連休はこんなもんじゃ無いんでしょうね。

P6020521.jpg

 

 

明日は朝日を見るため、早めに就寝。

 

あれだけ昼寝をしたけれど、全然眠れました。

 

 

 

 

翌朝4時すぎに、まわりのテントからの声が聞こえ始めたので起床。

 

空が薄っすらと明るくなってきていました。

P6030548.jpg

 

 

 

さすがに結構寒いです。テントのフライシートや

 

外に置いていたゲイターが凍ってパリパリでした。

P6030685.jpg

 

 

東の空が徐々に明るくなって来て

 

真っ赤な太陽が顔を出します。

P6030552.jpg

 

何度見ても朝日はキレイですね。

 

 

 

近くではウエディングドレスを着た新郎新婦が記念撮影をしていました。

P6030565.jpg

 

IMG_2803.jpg

 

穂高連峰が徐々に朝日に照らされて、

P6030568.jpg

 

モルゲンロートがキタ〜

P6030608.jpg

 

 

雲海は見れませんでしたが、最高の天気です。

IMG_2811.jpg

 

 

この朝の景色が見るためにテント泊をしているような物ですが

 

息子もまあまあ感動しているようで何より。

 

すっかり日も昇って、朝飯を食べてから

 

2677mの蝶ヶ岳のピークもすぐそこなので

P6030668.jpg

 

記念写真を撮ったりして

 

名残惜しいですが8時頃には下山です。

 

 

今年はあとどこに登ろうかな〜

P6030699.jpg

 

 

 

下りはスイスイ、サクサク進み

 

あっとゆう間に徳沢園に到着。

 

P6030718.jpg

 

時刻は、まだ10時過ぎだったので

 

初めて中のオシャレなカフェで息子はソフトクリームと

 

自分はトーストとコーヒーを注文。

 

P6030726.jpg

 

上高地バスターミナルまでの単調な平坦道を通って、

IMG_2819.jpg

 

帰りに近くの平湯温泉に寄ったりしながら帰路につきました。

 

ルート的には時間も短いしちょっと楽すぎて物足りなさもありましたが、

 

ゆっくりノンビリできたので、まあ良かったかなという山行でした。

 

今回の主な登山装備:

私の75Lザック/息子のザック/ゲイター/二人用テント

調理器具/コーヒーフィルター/カップ

 

 

comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  
2018.5.29-30 北八ヶ岳・天狗岳〜本沢温泉(晴れ〜曇り〜雨)
category: 八ヶ岳 | author: オオケン

5月末に雪のない山へ一泊

 

となれば、必然的に八ヶ岳方面に決定。

 

前日の夜仕事を終えてから、そのまま荷物をパッキングしていたら

 

日付が変わる直前。

 

朝には歩きはじめたかったので、そのまま夜に名神〜中央道を抜けて

 

長野県の麦草峠の駐車場へ。

P5290130.jpg

 

深夜に到着して車中で8時くらいまで仮眠してから、出発です。

 

P5290122.jpg

すぐ近くの立派な麦草ヒュッテの横を通って、

 

P5290128.jpg

 

整備された登山口から8:30頃に入山。

 

P5290129.jpg

 

八ヶ岳らしいモミの木?の森を抜けると、苔むした世界に。

 

P5290019.jpg

 

ところどころ岩岩ゾーンがありますがまだまだ元気です。

 

今回は一泊ということで、ザックにはテントと2~3日分の食料を入れています。

 

事前情報で、水場も少なそうだったので水も3L程。

 

P5290023.jpg

 

白駒の池の横を通って、

P5290016.jpg

 

まずはニュウを目指します。

 

途中でどうも分岐を見をとしたらしく、かなり遠回りしてしまいました。

P5290163.jpg

 

かなり荒廃したマイナールートを通ってようやく眺望が。

 

さっき通った白駒の池がすぐそこ。

 

ぜんぜん進んでないな〜

 

P5290172.jpg

 

 

これから進む方向の遠くに天狗岳と硫黄岳が見えます。

 

まだまだ遠いな〜

P5290180.jpg

 

森の中は湿地帯が多いようで、それで苔も元気なんですね。

 

湿原の木道が所々にあり、全体的に整備されていて歩きやすい。

P5290190.jpg

 

中山峠の分岐から、途中で念願の黒百合ヒュッテに立ち寄る。

P5290200.jpg

 

丁度時刻も12時頃だったので前のベンチで昼食。

 

P5290196.jpg

 

 

ここから天狗岳へのルートが二通りあるようだが、

 

いま来た道を戻らずに新たな道の、すりばち池の横を通って

IMG_7636.jpg

 

シラビソの枯れた森を見ながら、

 

東天狗岳へ。

 

大きい岩がゴロゴロしていて、非常に歩きにくい。

 

P5290213.jpg

 

途中でストックをしまって、

 

3点支持でバランスを取りながら慎重に進む。

 

P5290218.jpg

 

天気は薄曇りなので、原村や富士見の方はあまり見えません。

P5290241.jpg

 

2646mの東天狗岳からは、昨年登った赤岳や阿弥陀岳が見えました。

 

P5290270.jpg

 

その手前の硫黄岳までは近いようで遠いです。

 

この辺から稜線歩きになりますが、鎖場やハシゴなど

 

登山道はしっかり整備されていていて安心です。

P5290272.jpg

 

気持ちの良い白砂の稜線を行く。

 

P5290286.jpg

 

根石岳を越えて、ようやく夏沢峠に到着。時刻は15:30

 

P5290308.jpg

 

これから硫黄岳に行けないこともないが、

 

テント場がかなり遠いので、一旦下山して本沢温泉へ

P5290318.jpg

 

今夜はココで一泊です。

 

P5290315.jpg

 

テント場は他に誰もいない。貸し切りです。

 

P5290325.jpg

 

温泉もあり、夕食の後に

 

本格的な温泉(湯に浸かるだけ)で体を温めますが、

 

久しぶりに熱〜いお湯に浸かりました。

 

知床の熊の湯のお湯の熱さを思い出しました。

 

 

そのおかげで、体がポカポカで

 

夜はぐっすり眠れました。

 

 

 

翌朝は朝から小雨。

 

レインウエアを着込む。

 

P5300334.jpg

 

しらびそ小屋のみどり池に立ち寄ると

 

IMG_7639.jpg

 

小屋のおばちゃんが手招きしてくれた。

 

小屋の中から愛らしいリスの姿が。

 

IMG_7640.jpg

 

もうこれで今日の行程は終了でいいか〜

 

という満足感に包まれる。

 

中山峠までは、一気に急斜面に。

 

かなり体力を使ったので、

 

今日も黒百合ヒュッテに立ち寄って少し早いランチ。

 

P5300375.jpg

コケモモケーキセットと

P5300382.jpg

 

カレーを注文。

P5300384.jpg

 

ヒュッテの中はとってもオシャレで、山小屋という感じがしない。

 

一服してから、高見石小屋を経て麦草峠へ。

 

途中、残雪も多くて何度か滑りました。

P5300393.jpg

 

八ヶ岳でもまだまだ雪が残っているので、

 

北アルプスはもっと雪深いんでしょうか。

 

今回は登山というよりは、トレッキングのような感じで

 

とっても新鮮なテント泊でした。

 

やっぱり八ヶ岳は他の山とは別世界ですね。

P5300396.jpg

 

 

comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  
2018.5.18 霊仙山(滋賀県)
category: 近畿周辺の山 | author: オオケン

平日休みに日帰り登山へ行くことになり

 

伊吹山でも行こうかと思っていたら、

 

滋賀県に最近気になる山があったので

 

そちらに行くことにした。

 

そこは伊吹山の近くの霊仙山(りょうぜんさん)

 

という山。

 

 

登山口までは、

 

自宅のある同じ滋賀県内とはいえ、

 

車で1時間50分ほどかかる。

 

 

標高は1000mちょっと、とそれ程高くない。

 

登山というよりはハイキングに近いので、

 

朝9時前に自宅を出発するとゆう余裕ぶり。

 

 

登山口には熊出没注意の看板。

P5180027.jpg

 

 

立派な登山ポストに登山届を提出し

P5180031.jpg

 

いざ入山。

 

しばらくは鬱蒼とした樹林帯が続きますが、

P5180034.jpg

 

森林を抜けると、

P5189261.jpg

 

急に視界がひらけ

 

別世界の光景が。

 

P5180045.jpg

 

標高はそんなに高くないんですが、

 

2000〜3000m峰に登っているような錯覚を覚えます。

 

P5180049.jpg

 

火星とかの惑星の地表のような

P5180055.jpg

一種異様な光景でもある。

 

 

 

そんなところに池の前に鳥居と、

 

その上に二羽のカラスという

P5180058.jpg

 

絵に描いたような、

 

あの世の光景。

 

 

山の名前が霊仙山というのも妙に納得です。

 

P5189278.jpg

 

 

 

天気はいまいちでしたが、

 

この荒涼とした光景のなか歩くのはとっても気持ちが良い。

IMG_7603.jpg

 

トレイルが四方八方に伸びていますが、

 

どのルートを通っても、

 

山頂を目指せるのがイイです。

 

 

山頂では完全にガスっていました。

P5180090.jpg

 

昼食をココでと思ったけれど、

 

風が思いの外強かったので、少し降りることに。

P5180100.jpg

 

遠くに小屋が見えます。

P5180092.jpg

 

P5180102.jpg

その小屋の影で、

 

昼食を作りコーヒのんでると

 

少し日差しが出てきました。

 

 

 

帰り際、なんか視線を感じるなーと遠くを見ると

 

みんなでこちらをジッと見ています。

IMG_7604.jpg

 

シカの大群がアチラコチラに。

 

荒涼とした景色は、

 

コヤツラの仕業だったんだな・・・

 

と納得して下山しました。

 

 

 

帰りは車で15分くらいのところにある

 

念願のココ

 

米原市に本社がありますが、

 

直営工場にはアウトレットショップがあり

IMG_7600.jpg

 

ずっと欲しかったナンガの3シーズン用シュラフのB級品が

 

格安で手に入りました。

P5189310.jpg

 

 

※下山後、足を見るとクツの中が赤い・・・

 

足にゲイターをしっかりつけていましたが、

 

隙間からノビルに足を噛まれて血まみれでした。

 

 

霊仙山を登られる方はご注意ください。

comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  
シフトノブ交換
category: エスクード | author: オオケン

SUVなんでこんな物なのかな〜と思っていたけれど

 

シフトチェンジするたびに、

 

その操作性の悪さが気になってしょうがなかったので、

 

遂にシフトノブを変えた

 

 

 

純正がコレ

P4219049.jpg

 

かなり大きくて、手が相当でかい人じゃないと

 

握りづらいです。

 

特に、手の小さな嫁さんにはつらそう。

 

 

 

そこで、形がシンプルで握りやすそう

 

と理由で、トヨタ純正品(ヴィッツ用だったかな?)

 

を注文。すぐに届きました。

P4219046.jpg

 

 

エスクードのシフトは、接着剤で固着していて

 

ディーラーでないと外せない・・・

 

といった情報がネット上に溢れていたが、

 

難なくクルクル手で回して外す。

P4219056.jpg

 

 

大きさの違いはこんな感じ。

P4219053.jpg

 

あとはノブをクルクル回してしっかりと装着。

 

シフトフィールが軽くなりました。

 

 

握った感じも、手にしっかりと馴染みます。

P4219059.jpg

 

外したエスクード純正のシフトノブは

 

鉛のようにバカ重かったです。

comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  
new old
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH