備忘録ブログ。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
カウンター
ブログパーツUL5
楽天
amazon.com
あなたも、おしゃれなブログ      始めてみませんか?
RECOMMEND
2017.10月 びわ湖畔ファミリーキャンプ
category: ファミリーキャンプ | author: オオケン

子供繋がりのメンバーが集まってのキャンプは

 

もう5年前から毎年定期的に行っています。

 

 

今年は自宅から車で5分のびわ湖湖畔にて

 

マッタリ、秋キャンプをしてきました。

 

IMG_6412.jpg

 

 

 

子どもたちも、だんだん大きくなり

 

部活やらクラブやら塾やらで忙しい様子。

 

それぞれの都合でキャンプ場から出撃する必要があるため

 

自宅も近い駅近のキャンプ場は、

 

家に帰ってシャワーも浴びられるので便利です。 

 

(不便さを楽しむキャンプという行為に対し

 若干矛盾している気がしますが・・・)

 

 

今回は中学の娘も友人を何人か集めて

 

キャンプで女子会をする、と言うので

 

特別にテントを用意しておきました。

 

ノースフェイスのジオデシック・ドームテント(初期型廃盤品)

 

IMG_6415.jpg

 

このあたりは風が強い地域でもあるので(強風で電車がよく止まります)

 

これでどんな暴風が来ても飛ばされる心配がないので安心です。

 

 

 

なかなか出番が無い久々登場の

 

キャンバスキャンプのシブレー500ベルテント。

 

IMG_6419.jpg

 

自分、嫁と息子二人の4人で寝るには少々広すぎます。

(最大で大人12人くらい寝られます)

 

 

先週の白馬岳近くのテント泊(標高2700m付近)

 

があまりに厳寒だったので、

 

寒さに備えてテント内で使うアラジンのストーブも持ってきましたが

 

標高100m程の地では思いのほか暖かく、全く出番なし。

(夜はむしろ暑いくらいでした・・・)

 

 

 

夕食は料理などをそれぞれの家族で持ち寄って

 

IMG_6416.jpg

 

ゆったりとした時間を楽しみました。

 

 

なかなかワールドワイドの料理が楽しめて、

 

普段あまり食べることがない食事ができるのも

 

グループキャンプの魅了ですね。

 

IMG_6439.jpg

 

 

自分は豚バラベーコンを燻したくらいで

 

殆ど何もしてませんが・・・・

 

 

びわ湖畔は波もないので、とっても静か。

 

 

キャンプの夜は満月ではなかったですが、

 

月がとっても綺麗でした。

 

IMG_6478.jpg

 

月の出始めは特にオレンジ色が強くて幻想的でしたが、

 

写真ではうまく伝わりませんね。

 

 

火と月と水(湖)がある最高に贅沢なロケーションが、

 

家から車で5分の場所にあるというのも不思議な感じです。

 

 

毎年このメンバーでキャンプをしていますが、

 

子どもたちがどんどん成長していくので

 

そのうち大人だけのキャンプになってしまうのでしょうか・・・・

 

IMG_6465.jpg

 

それはそれで、寂しい気がするので

 

子供とキャンプが出来る今の時期は

 

とっても貴重なのかも知れません。

comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  
快適キャンプ
category: ファミリーキャンプ | author: オオケン

すっかりブログを放置中ですが、

 

有り難いことに、毎日アクセス数が結構あるようですので、

 

そろそろ重い腰を上げます。

 

 

 

7月上旬の梅雨が開けきる前に、

 

春に続いてのキャンプ。

IMG_4674.jpg

 

 

自宅から30分くらいのところにある、

 

お気に入りの湖畔のキャンプ場。

 

 

今回から、新居です。

IMG_3918.jpg

 

 

MTBの遠征やら機材にお金がかからなくなったこともあり

 

ずっと欲しい欲しいと思っていた、

 

ティピー型のベルテントをようやく手に入れたのは先月。

 

 

最近はグランピングブームもあり、

 

いろいろなメーカーがベルテントを作っているが、

 

我が家のセレクトはベルギー製のキャンバスキャンプ社。

P6155902.jpg

 

 

大きさ(広さ)や、グランドシートの素材などで

 

細かくモデルが分かれているのだけれど、

 

その中でも、防水性の高いSIBLEY 500 ULTIMATE PROというモデルを選択。

 

 

コットン生地も特に厚手、グランドシートもターポリンで防水性が非常に高いので

 

湿度の高い日本向け。しかも意外に完全防水らしい。

 

 

モンゴルのパオのように、そのままテントで暮らせそうです。

 

さらにはテント側面がジッパーで切り離せて、

IMG_3915.jpg

 

メッシュ仕様にしたり、インナーテントを吊り下げて

 

本体をフライシートのようにしたりとイロイロ出来る。

 

 

コットンテントの最大の特徴は、

 

オールシーズン使える、ということ。

 

通気性も高いので、夏は涼しく、

 

換気口も付いているので

P6155898.jpg

 

冬はテントの中で煮炊きやストーブが使える。

 

 

寒い雪の中でも、テント内で暖を取れるというのが

 

今までにないキャンプのスタイルになりそう。

 

 

 

ひたすらペグダウンしていけば良いので設営も簡単。

 

 

ただひとつ難点を上げるとすれば、

 

重量がまあまあ重いということ。

 

テント本体だけで30kgほど。

 

さらにポールも6kgほどあるので、

 

ペグと合わせても総重量38kgあります。

 

 

張ってみると思った以上に室内は広くて、

 

大人が12名くらい寝れます。

 

 

グランピングなんかでは、テントの中にベッドを数台入れて

 

リゾートホテルの一室のようにしていますね。

pht_04.jpg

 

 

周りを見渡すと、最近はおしゃれなキャンパーが多いです。

 

テーブルやイスタープのポールまで全て木製でこだわっていたり

 

ティピータイプのテントも本当に増えました。

 

 

ほんの数年前までは、「◯ノー◯ーク」か「◯ール◯ン」ばっかりだったんですけどね。

 

 

びわ湖の北はまあまあ水もキレイです。

P7035965.jpg

 

 

夏至も過ぎたばかりなので、

 

日が落ちるまでが長いのもこの時期の良い所。

 

 

晩ごはんをゆっくり食べて、ゆっくりしていてもまだ明るい

P7025947.jpg

夜は焚き火をしながら、星空と月がキレイでした。

 

 

 

 

朝食はココ最近お気に入りのホットサンドメーカーで。

IMG_4675.jpg

IMG_4680.jpg

IMG_4684.jpg

 

やっぱりキャンプは最高の時間の過ごし方ですね。

 

 

 

comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  
春キャンプ
category: ファミリーキャンプ | author: オオケン
子供の春休みに

久しぶりに家族で遠出。


瀬戸大橋を通って、四国へ。

早朝に香川県でうどんを食べてから、

徳島県を抜けて室戸岬へ。
P3265631.jpg



山の上のキャンプ場は、貸し切り。
P3262398.jpg

P3255586.jpg


と思ったら、ランドナーに乗った学生グループ5〜6人が到着。

彼らは翌早朝に走り去って行った。


山の上だったので、夕日や朝日が見えるかも、

と少し期待していたが、林間サイトだったので

空しか見えない。



時期的に日が暮れると寒かったので、

温かい食べ物と焚き火で暖まる。
P3255595.jpg

P3255579.jpg




最近活躍のホットサンドメーカー。
P3255597_Snapseed.jpg

翌日は、高知県の清流ツアー

四万十川源流までは結構遠かったので、


仁淀川方面へ


3月末なので桜もチラホラ
P3275695.jpg


キャンプ場近くの渓谷で

仁淀ブルーらしきものも見られて
P3275688.jpg


高知市内では市場で美味い刺し身を食べたり
P3275698.jpg

久々に観光っぽいこともしました。


2泊4日、走行距離600kmで瀬戸大橋以外は下道

というハードな工程でしたが、

キャンプで結構ノンびりしてたので、

あまり疲労感は無かったようです。
P3265636_Snapseed.jpg

P3275644.jpg

P3275646.jpg

そろそろ10年目のテントが限界です。

新居(新しいテント)でも探そうかな?

 
comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  
冬キャンプ
category: ファミリーキャンプ | author: オオケン
新年早々、家のまわりは大雪。

お正月期間だけ

長男の部活のバドミントンと、長女のバレーボール練習が休み。

このタイミングで、家族揃って久しぶりに外出。



車の後部座席を一つ取り外して

荷物を満載。
IMG_3321.jpg


温暖な南を目指す。

明石海峡大橋まで来た。
P1044386_Snapseed.jpg


淡路島に初上陸。

途中で由緒正しい神社に寄って、家族で初詣。
IMG_3334.jpg

全員でおみくじをすると、

「吉」×1、「小吉」×3、「末吉」×1

という良いんだか悪いんだかわからない結果に。

まあ平凡なのが一番幸せなのかもしれない。


海岸線をひた走り、途中で地元のスーパーに寄り

食材の買い出しをして目的のキャンプ上へ。

さすがに、オフシーズンなので

テントサイトは他に誰もいない。

テント二張とタープを張っていると、日没で暗くなる。

ダッチオーブン料理を食べて
P1044399.JPG


焚き火をして、マシュマロ焼いて

コーヒー飲みながら夜空を眺める。
P1044420_Snapseed.jpg


冬の夜空は、寒さで空気が澄んでいるので

星がキレイに見える。

明るいと思ったら、満月だった。


翌朝はご来光で目覚める。
IMG_3404_2.jpg


フレンチトースト焼いて朝食。
P1054475_Snapseed.jpg

コーヒー豆も、手挽きのグラインダーで

ゆっくり時間をかけて挽いていく。
P1054453_Snapseed.jpg

キャンプならではの贅沢な時間の使い方。



ランタンをタープの下に置いていたら、

タープの一部が焼け焦げていた。
P1054455_Snapseed.jpg

ちょっとショックだけど、

まあいいか、とも思う。

リペアすれば問題ないハズ。

ちょっと面倒だけど、そのうち補修しよう。




ノースフェイスの五角形テントも

子供の成長で狭くなってきたので、

今回のキャンプでは、久しぶりにケルティのテントも張る。
IMG_3401_Snapseed.jpg

女子と男子に別れて、広々だったけれど

寒い時は、狭い空間で身を寄せ合って寝てたほうが

暖かかったかも?とも後から思う。




家の周りは雪が積もっていて

乾燥した焚付が手に入らないので

帰りに、薪ストーブ用の焚付を拾って持ち帰る。
P1054481_Snapseed.jpg

帰りに温泉入って、滋賀の雪国へ戻りました。


一泊二日のキャンプだったけど、

久しぶりに家族揃ってゆっくり出来た。


今年はたくさんキャンプに行きたいものだ。
comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  
雨中キャンプ
category: ファミリーキャンプ | author: オオケン
久し振りの家族キャンプ

前日に東京から友人が遊びにきていて

夜遅くまで飲んでいたので、

出発が遅くなる。


4シーズン用の寝袋を1人分購入するため

京都市内のアウトドアショップにも寄る。

今の時期のキャンプは、ちゃんとした寝袋がないと辛い。

これで家族全員分の寝袋がようやく揃った。



途中で、京都市西京区にある「プラ・ビダ」にも寄る。
PB258835_Snapseed.jpg


このお店、ご夫婦でしているのだけれど

奥さんが10年来の知り合いで、実に久し振りに再会した。

ご主人もとっても良い感じの人で、

一つ一つ丁寧に作ってあるがよくわかる。

こういうパンを、子供にももっと食べてもらいたいと思う。

もう少し家の近くにあればな〜



で、そこから京都府北部、

宮津の手前にある目的のキャンプ場へ。


長男が生まれてから4〜5回は

そこのキャンプ場へ行っていたけれど

3人目が生まれてからの休日は

レースの遠征や家作りやらで忙しく

キャンプもあまり出来なくなった。


なので、実に5年振りの訪問。

京都市内から2〜3時間かかる。


買い出しやらしていると、到着時には夕闇が迫る。

急いでテントとタープを張り、

ランタンを点灯し、焚き火に火をつける。

その頃には、辺りは真っ暗だ。


ここのキャンプ場の良い所は、「何もない所」

外灯もなければ、水道もない・・・

なので、当然無料だ。


そんなところが気に入って、通い続けている。


何となく、北海道のキャンプ場がこんな感じだ。


そして、そういう場所には、ツーリングのライダーが集まる。

本日も、ライダーが2名程やって来た。


しかし、寒い。

焚き火をしないと凍える。
PB259350_Snapseed.jpg

夕食後に、マシュマロを炙るが

風がキツすぎて、炎の向きが四方八方に変わる。

なので、火のそばに落ち着いて座ってられない。

火の粉が激しく舞い、その度に子供達と逃げまどう。


風が強いので、薪もあっという間に燃え尽きてしまう。


身体を暖めに、近くの温泉へ行く。

これも、いつものパターン。


北海道の知床・羅臼のキャンプ場は、

道路を挟んだ向かい側に、無料の露天風呂がある。


ここは、そんなに温泉は近くはないけれど、

やっぱりキャンプに温泉は欠かせない。


身体が暖かいまま、就寝。


夜中にポツポツと雨音がして、

そのうち風と雨が激しくなってくる。

夜中の3時過ぎに、一度タープのペグが抜けて

雨がテントに直に当たる。


我が家のテントはもう10年ぐらい使っている、

ノースフェイス製だけれど、

ボトムやフライシートの撥水効果も

かなり落ちてきているので、雨には弱い。

タープがあると、かなりの雨水が防げる。


ペグが風で吹っ飛び、探すのに苦労したが。

嫁と二人でライトを照らして、タープを直す。


久し振りの雨降りのキャンプの朝。
PB269363.jpg

昔はこの状態で、テントの全室でバーナーを使って

調理とかしていたけれど、なんか面倒なのでさっさと撤収。


子ども達は、フリスビーやら釣り竿なんかも持ってきたけれど

結局ほとんど外で遊べず。

帰りは日本海経由で自宅へ。

渋滞もまったくないし、距離も近いし

こっちの方が、断然近い!!というのがわかった。


今年はこれでキャンプ納めかな?



comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  
new old
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH