備忘録ブログ。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
カウンター
ブログパーツUL5
楽天
amazon.com
あなたも、おしゃれなブログ      始めてみませんか?
RECOMMEND
2017.7.21 八ヶ岳(阿弥陀岳〜中岳〜赤岳) 日帰り登山
category: 八ヶ岳 | author: オオケン

日帰りで念願の八ヶ岳へ行ってきました。

 

本日は部活がたまたま休みで夏休みにも突入している

 

高2の長男もパーティに加わり嫁さんも含め3人で登る。

 

 

前日の晩に仕事を終えて滋賀から長野方面へ。

 

MTB競技時代は富士見ICで降りてから、

 

いつも富士見パノラマ方面へ向かっていましたが、

 

逆方向に行くのは非常に新鮮です。

 

登山の起点になる、赤岳山荘の駐車場までは、

 

舗装のされていない結構なダート道。

 

穴ぼこだらけで岩もゴロゴロだったので、

 

車高の高い四駆が本気で欲しくなりました。

(最近の遠征車は、燃費はいいけど車高が低いです)

 

IMG_5830.jpg

 

 

赤岳山荘で駐車場代1000円/日を払って、登山届を提出します。

 

 

美濃戸山荘のゲートを通って6時10分頃には登山開始。

 

IMG_1617.jpg

 

 

ジブリのもののけ姫の世界がひたすら続きます。

 

IMG_5835.jpg

 

人気のルートだけあって、

 

登山道は非常に良く整備されていて歩きやすいです。

 

IMG_5836.jpg

 

IMG_5837.jpg

 

 

少しずつ日が昇ってきました。

 

 

IMG_5840.jpg

 

 

徐々に森の中も幻想的になってきました。

 

IMG_1618.jpg

 

 

木漏れ日の影が良い感じです。

 

IMG_5842.jpg

 

 

歩いていて本当に気持ちが良いというか、

 

癒やされますね。

IMG_1624.jpg

IMG_5852.jpg

 

少し開けたところに出ました。

 

IMG_5855.jpg

 

 

遠くに本日目指す山頂らしき山塊が

 

目に飛び込んできました。

IMG_5864.jpg

 

ピーカンで雲ひとつ無く、登山日和です。

 

歩きはじめて2時間ほどの8:25くらいに、

 

ベンチと水場、トイレのある行者小屋に到着。

 

IMG_5866.jpg

 

ここまでは比較的ナダラカなトレッキングルート、という感じでした。

 

少し休憩して、ココカラが本格的な登りになります。

 

登山者の多くが、八ヶ岳の主峰「赤岳」を目指しますが、

IMG_5878.jpg

 

 

 

我々はそのお隣りにある

 

「阿弥陀岳」をまず目指します。

IMG_5868.jpg

 

 

 

1時間ほど歩いて稜線まで登ると、

 

山梨側の方向に富士山の頭部が見えた。

 

IMG_5885.jpg

 

富士山は(登ったことないけど)

 

遠くから眺める方が良い気がします。

 

IMG_5887.jpg

 

 

荷物をベンチの近くに一旦デポして身体を身軽にしてから、

 

アタックザックで阿弥陀岳山頂を目指します。

 

 

IMG_5889.jpg

 

振り返ると、遠くに赤岳が見えます。

 

IMG_5890.jpg

 

 

道中は岩場やハシゴ、

 

鎖場などなかなかスリリング。

 

IMG_5892.jpg

IMG_5894.jpg

 

 

10時くらいには、

 

2805mの阿弥陀岳へ登頂。

 

IMG_5910.jpg

 

 

雲の上にいる景色はなかなか

 

関西の低山では体験できません。

 

IMG_5907.jpg

 

下りはルートと足場を確認しながら

 

三点支持で慎重に。

 

岩も落とさないように細心の注意を払って順番に下ります。

 

IMG_5916.jpg

 

IMG_5919.jpg

 

 

登ってきた山を振り返る。

 

阿弥陀岳、なかなか格好いい山です。

 

IMG_1641.jpg

 

 

八ヶ岳の最高峰、

 

赤岳を目指す途中の中岳が見えた。

 

IMG_5922.jpg

IMG_5930.jpg

 

天気は相変わらず良いです。

 

赤岳へはジグザグの道を登ります。

 

IMG_5932.jpg

 

名前の通り、地表が赤茶色になってきました。

 

IMG_5935.jpg

 

最後の方は、結構な岩場でしたが

 

それほど危ないところもなく、気がついたら

 

標高2899.4mのテッペンに立っていました。

(浮き岩があるので、念のためヘルメットがあったほうが安全だと思います)

 

IMG_5940.jpg

 

到着時間はちょうど12時少し前。

 

ココまでで歩行距離は約7.45km

 

累積獲得標高は1442mでした(結構登ったな〜)

 

出発して、5時間くらいは歩きっぱなしだったので、

 

流石に腹ペコ。

 

ここらで昼食を・・と荷物を降ろし

 

ザックからバーナーを出した所、

 

とんでもない事が発覚・・・・

 

 

 

 

 

 

何とガスカートリッジを家に忘れてきていた!!

 

(先日、個人装備の荷物の重量を確認するため

 

 道具を一個ずつ計測したんですが、

 

その計測後にガスを入れ忘れたようです・・・)

 

 

 

幸い、近くに赤岳頂上山荘があったので、

 

IMG_1656.jpg

 

山小屋の売店にガスが売っているだろう

 

と聞いてみると・・・・「ありません」とのこと。

 

 

 

地図を見ると少し下ったところに、

 

赤岳天望荘という別の山小屋があったため、

 

IMG_5955.jpg

 

そこまで頑張って降りて、そこの売店に望みを託すが、

 

ココにも残念ながら無し・・・

 

 

 

仕方なく、山荘の食堂で山菜うどんを食べました。

 

せっかく持ってきた食糧が調理出来ずコーヒーも飲めず・・・

 

でしたが、まあこんなこともあります(山荘があって良かった・・・)

 

 

 

天候が一気に悪くなってきたので、あまりゆっくりもせず下山。

 

地蔵の頭〜地蔵尾根のルートを下ります。

 

P7216833.jpg

 

 

結構な急斜面や階段を一気に駆け下りて(斜度50%〜60%くらい)

 

行者小屋に14:30くらいに到着。

 

 

残念なことに、ここにはガスカートリッジが売ってました!!

 

 

まあ、買わずにスルーします。

 

 

 

このまま最短で美濃戸まで戻れば早いですが、

 

せっかくなので赤岩鉱泉〜北沢経由で戻ることに。

 

途中の階段には、何故かマムート?のロゴが。

 

IMG_5959.jpg

 

赤岩鉱泉の山荘はオシャレな感じで、

 

キャンプ場も気持ちが良さそうでした。

 

 

八ヶ岳でも今度一度キャンプ泊してみたいですね。

 

 

 

再び、ジブリのもののけ姫のような森を通り抜けて

 

P7216846.jpgP7216848.jpgIMG_1665.jpg

 

駐車場に到着したのは16:30頃。

 

歩行距離は15kmくらいでしたが、

 

流石に朝から一日中歩いたので疲れました。

 

 

 

今回のルートは、ワンウエイでほぼ違う道を通ったので、

 

景色がコロコロ変わって、とても良いルートでした。

 

今度は違う季節にも来てみたいですね。

 

comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH