MTB・XC 元エリートライダーの日常・備忘録ブログ。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
カウンター
ブログパーツUL5
楽天
amazon.com
あなたも、おしゃれなブログ      始めてみませんか?
RECOMMEND
2017.9.3  御在所岳 日帰り登山
category: 近畿周辺の山 | author: オオケン

滋賀県にある御在所岳へ日帰りで登山に行く

 

歩行距離もそんなにないので、朝はゆっくり8時過ぎに出発。

 

自宅がある同じ滋賀県内とは言え、

 

琵琶湖を挟んで対岸の山の三重県側なので、

 

登山口まで結構時間がかかる(京都に行くより全然遠い)

 

10時前に登山口の中道登山口に到着。

 

さすがに日曜日なので、駐車場はほぼ満車。

 

道路の路肩にもたくさん車が止まっていたものの

 

奇跡的に駐車場の空いている区画を発見しサクッと停める。

 

今回はトレッキングポールを初導入。

IMG_6224.jpg

 

標高も高くないので、森の中を進む。

 

徐々に岩場が増えてくる。

IMG_6202.jpg

 

鈴鹿山系ということだが、地層は岩場や白砂も多く

 

自宅の裏山の比良山系に似ている気がする。

 

登りは一ノ谷新道を通り、山頂までコースタイムで2時間5分ほどだが

 

休憩も含んで1時間40分程で標高1212mの山頂へ。

IMG_5327.jpg

 

ロープウェーでも来ることが出来るので、普通の格好の人もたくさん。

IMG_6238.jpg

 

このあたりは、伊吹山や蓬莱山、箱館山など滋賀の他の山と似ている。

 

丁度、12時前だったので、山頂付近の広場で昼食。

IMG_6228.jpg

 

本日のメイン料理はメスティンにて鶏ゴボウの炊き込みご飯。

IMG_6216.jpg

 

IMG_6225.jpg

 

他に餅入りスープパスタも作って食べ過ぎる。

 

IMG_6227.jpg

コーヒーは自宅で焙煎して挽いてきたやつを、

 

使い捨てのドリップペーパーにセットするスタイルが最近の定番。

 

山頂でゆっくりしてから、下山。

 

富士見岩からは、普段余り見ることがない、名古屋方面を眺める。

IMG_6240.jpg

 

そこから中道を通り少しハードなルートへ

 

ハシゴや鎖場、岩場などが所々に出現。

 

トレッキングポールは一旦、ザックに仕舞って

 

三点支持で慎重に。

 

下りのほうが事故が多いですからね。

IMG_6243.jpg

IMG_6248.jpg

 

途中で出会ったクライマーらしき三人組の方に、

 

なぜか山の上で、アイスをご馳走になる。

IMG_6252.jpg

 

ロープウェーから向こうに見えるのは、鎌ヶ岳かな?

 

右端に見える白い鉄塔は、日本一高い鉄塔らしいです(ロープウェーHP調べ

IMG_6256.jpg

 

 

御在所岳は奇岩が多いことでも有名らしく、

 

インスタ映えしそうな撮影スポットもたくさん。

 

「地蔵岩」

IMG_6259.jpg

 

「落ちそうな岩だが、絶対に落ちない」ということで受験生に人気だとか。

 

来年、受験を控えている長男と娘を連れてくるかな。

 

その傍らに、ひっそりとミニチュアのオブジェ。

IMG_6263.jpg

 

なかなか粋なことをする方がいらっしゃいます。

 

帰路は少し遠回りもしたので、2時間ほどかけて無事下山。

 

階段状の下りやなだらかな下りでは、ストックが有ると劇的に楽に感じました。

 

登山後数日たっても、脚や膝が筋肉痛で全く痛くならなかったので

 

かなり効果がありそうです。

 

comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  
春登山
category: 近畿周辺の山 | author: オオケン

家から車で30分ほどの山へ

 

嫁と春登山へ。

IMG_4398.jpg

 

 

一昨年の冬はシクロクロスで、

 

昨年はMTBで来たが、

 

なにげにココを歩いて登る登山は初めて。

IMG_4396 (1).jpg

 

 

ルートを確認して、しばらく進むと

 

下山途中の男性から「この先に熊がおったし、気をつけて!!」と

 

 

北海道の知床をバックパッキングで縦走した時や

 

羅臼岳登山なんかで、ヒグマには何度も遭遇してるが

 

関西でまだクマは見たことがない。

 

 

当然、クマ鈴なんかも持ち合わせていない。

 

しかたがないので、コンパスに付いている

 

遭難用のホイッスルを取り出して非常事態に備える。

 

 

登山道はよく整備されていて、快適。

IMG_4383.jpg

 

稜線に出ると、風が強く

 

中央分水嶺らしく、日本海も見渡せる。

IMG_4400.jpg

 

山頂付近は風が強すぎたので、

 

少し外れた場所で、昼食とコーヒー。

IMG_3875.jpg

 

帰りは気持ちの良い稜線を通って遠回りで下山。

 

昨年は、MTBで通った道も、歩くとやはり時間がかかる。

 

特に下りは、MTBでココ下ったら、楽しいだろうな〜

 

という視点が、相変わらず抜けない。

 

下山後、近くに温泉があるので汗を流して

 

マキノのメタセコイヤの並木道を通って帰宅。

IMG_4408.jpg

 

 

高島トレイルは、まだまだ良質の登山道がたくさんありそうなので

 

時間を見つけて、ちょこちょこ登りたい。

IMG_4410.jpg

 

 

comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  
紅葉ハイキング
category: 近畿周辺の山 | author: オオケン
ご無沙汰していますが、

何とか生きてます。

11月に行った登山の様子。

ススキがキレイでした。
PB115228_Snapseed.jpg

PB115185_Snapseed.jpg



遠くに琵琶湖が見える
PB115203_Snapseed.jpg


バスも車も殆ど通らない

滋賀県の奥地


落ち葉もサクサクでした。
IMG_4105.jpg





早朝に来れば、雲海も見えるという峠から
IMG_4103.jpg


高島トレイルに合流し、ピークへ


ジェットボイルでお湯を沸かして

豪華ランチ
IMG_4102.jpg



食後は家で数日前に焙煎して

朝に挽いてきたコーヒー
PB115216_Snapseed.jpg


遠く日本海と琵琶湖の景色を眺めながら、

最高に贅沢なヒトトキでした。

comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  
裏山へ登山
category: 近畿周辺の山 | author: オオケン
最後の中体連を終えた中3の息子と

家から自走ならぬ、自歩きで裏山へ朝の7:30に出発。

目指すは標高1214mの比良山系の最高峰、武奈ヶ岳


頂上へは色々なルートがあるが、

まずは1057mの堂満岳を目指す。

自宅から登山口までは15分ほど、

そこから堂満岳の頂上までのコースタイムは約3時間弱。


今日はトレーニングも兼ねて、

ということで二人用のテントや寝袋

調理器具や食材などもバックパックに入れて背負う。

暑いので水も一人2リットルずつナルゲンのボトルに入れておく。

しばらくは森のなかなので日陰だが蒸し暑く、全身の発汗が凄い。

だが息子は飄々としており全然汗をかいていない。

南壁の急斜面が続き、ここらで一気に標高が上がる。
IMG_3793_Snapseed.jpg

見晴らしの悪い、頂上に登れば

眼下には自宅が遠くに見える。

そこからしばらくは尾根沿いに進み

やがて開けてくる。
IMG_3849_Snapseed.jpg


今はもう閉鎖されたスキー場跡地を通って、

ここからさらに頂上を目指す。
IMG_3815.jpg


13時頃にピークがようやく見えた。

頂上付近は周りに何もないので風が強い。

ここまでで約5時間ほど
IMG_3832_Snapseed.jpg


頂上で昼飯を、と思ったけれど

思いのほか寒く、風が強いので

一旦降りた、八雲ヶ原で昼ごはんを作ることにする。
IMG_3812_Snapseed.jpg


静かで気持ちが良い。

さて、と火を起こして食事の準備をしている最中に

あるものが無いことに初めて気がつく・・・

箸もフォークもスプーンも無い!!


すると息子が、近くに落ちている木の板を拾ってきて

レザーマンのナイフを使って、箸作りを始めた。
IMG_3842_Snapseed.jpg

MSRのドラゴンフライも久しぶりに使うので

ちゃんと火がつくか心配だったけれど、

全然問題なし。


息子作の箸を使って、無事にパスタを食べることが出来た。
IMG_3844_Snapseed.jpg

そこから別のルートを通って帰路へ。

雲ゆきが怪しかったので、

急いで下山したところでポツポツ雨が降り出し、

道路に出たところでかなり激しく降ってきた。
IMG_2292_Snapseed.jpg

雨具やレインカバーなど、フル活用し

夕方の17時過ぎには何とか自宅に到着する。


一日じゅう歩きっぱなしだったので、さすがに息子も疲れたか?

と思ったら、最近まで部活でロードワークや筋トレを毎日してただけあって

全然大丈夫らしい。


ようやく息子と対等に(それ以上かも)外で遊べるようになった。

当初は息子と遊ぶ時のために自転車で体力を鍛えていた気もするので

ようやくこの時がキタ〜、という思いで素直に嬉しい。


しばらく(息子が嫌がるまで)イロイロやりたいことをしようと思う。

なのでしばらくレース活動は休止かも。

※翌日以降の数日間、父は激しい筋肉痛に襲われ、階段昇降もままならず
 息子は全くなし。若いって良いね〜


comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH