MTB・XC 元エリートライダーの日常・備忘録ブログ。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
カウンター
ブログパーツUL5
楽天
amazon.com
あなたも、おしゃれなブログ      始めてみませんか?
RECOMMEND
グリムMTB4時間耐久レース2015
category: 草レース | author: オオケン
久しぶりに滋賀県日野町で行われた

4時間耐久レースにチームで参加

同じ滋賀県内だけれど、

自宅から1時間ぐらいかかり

微妙に遠い(自宅から京都へは30分ほど)

開始からあいにくの雨(というか豪雨)

3人チームなので、身体が冷えすぎないように

一周交代でインターバル

途中、ブレーキが効かなくなったりしましたが

無事に総合3位でゴール。

1位は普段のチームメイト(この大会の時だけライバルになる)

2位は愛知のエリートチームでした。


久しぶりに表彰台に上がって、シャンパンファイト。

お米やお茶、お酒、お菓子に

ジャム、コテージの宿泊券など

賞品もたくさんいただきました。
P9084928.jpg


※雨でドロドロだったため、写真はありません。
comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  
グリーンピア三木耐久レース
category: 草レース | author: オオケン
ここ数年、

この時期に毎年参加している

龍野MTB協会さん主催の耐久レースへ



三木のコースはシングル主体で

適度にテクニカル、

適度に踏む必要があり

とっても良い練習になる。
IMG_1376.jpg

一周17分くらいのペースで、

2時間なんてあっという間に経過する。

7周回目にしばらく進み

メーターを見ると残りあと15分くらい


さすがに前日も模擬レースを走ったトコロだったので

険しい登りでは脚がパンパンで、

両足をつりそうになる。


結局、8周回目には突入できず、ゴール。
IMG_1377.jpg

2位でした。



昼過ぎには会場を後にして

家に帰って家族と久しぶりにゆっくりした。
comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  
模擬レース
category: 草レース | author: オオケン
シーズンインまで、

まだ時間はあるが

関西・東海ライダーを中心に

模擬レースが行われた。


会場は京都のお茶処、和束。


滋賀の信楽の近くでもあるので、
IMG_1370.jpg


比較的家から近い。



参加人数は12名ほどだが、

前列には、日本を代表する

将来のオリンピック候補生たち。



ヨーロッパから一時帰国中の、

アンカーの沢田選手や

スコットの前田選手、

キャノンデール中原選手、

さらにはロングライドに強い

BMCレーシングの山中選手などなど

かなり豪華なメンバーが集まった。



自分は遠慮気味に最後尾スタート
Photo by 八代さん



舗装路区間は、かなり雪が残り

皆、ペダルを漕いで何とか進むより、

降りて押した方が速いことがわかり

シクロクロス状態。


シングルに入れば結構乗れるが、

そこも積雪が容赦なく、バランスを上手くとって

タイヤを轍にハメないと

とんでもない方向へバイクが行ってしまう。


XCレースを想定した模擬レースなので、

時間も1時間20分くらいで調度良い。



速いメンバーと一緒だと、

自分もかなり追い込めた。



コースディレクターの八代さんスタッフより、

温かいスープなども振る舞われ、
1937802_292247300924202_1085920471_o.jpg

ココロもカラダも温まりました。



この時期に他の選手と一緒に走ることで

今の状態も知ることができ、濃い練習ができた。

参加された皆さん、お疲れ様でした。
1939061_292246840924248_1300480214_o.jpg

リザルト:4位?
Dis:16.05km
AvgPw:229w
Cal:988kcal
Elev:608m
TSS:124.2
comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  
2013グリムMTB・4時間耐久レース
category: 草レース | author: オオケン
地元滋賀の耐久レースへ

日野町にあるグリム冒険の森は、

関西でも数少ないMTB常設コース。


家からは微妙に遠くて、1時間以上かかる   ←京都行くより遠いです

今回は、京都や横浜に住むチームメイトや友人を含めた4人チーム

チーム名「もう26にはもどれないの☆」  ←年齢のことではありません  

レース関係者にはお馴染みの、アレのことです。


レーススタートは10時からだけれど、

雨が降り続いていて、気持ちが萎える。



4人チームなので基本2周交代で走ることにしたが、

前日土曜日に長野・野辺山で開催された Rapha Gentleman's Race

に参加し、若干疲労困憊気味の伊Z氏は1周交代で良いと言う。
P9081544_Snapseed.jpg

序盤から愛知のエリートチームがしばらく先頭を行くが、

先日一緒に京都で練習してBBQもした

地元日野町在住のI澤兄弟チームがトップ。

自分たちは2位で追いかける展開に変わる。


マッド区間をかっ飛ばすと、ドロはねがハンパない。

2周でこの状態。
P9081556_Snapseed.jpg

バイクも泥ドロで、チェーンがゴリゴリ

走っている時は、まあ楽しいんだけれど・・・・


4時間走って、自分は4周。

結局トップのI澤兄弟チームには追いつけず。

総合で2位でした。


久し振りにシャンパンファイト
P9081574_Snapseed.jpg


滋賀のお米やら近江牛などなどが優勝チームに贈られた。



2位でもビールやお菓子の詰め合わせに、

自転車もらいました。
P9081582_Snapseed.jpg
レイノルズ520パイプのクロモリ小径車。

しかし、豪華だ。



実質、一時間くらいしか走っていないけれど

ココまで追い込んだ数値は、

普段の練習ではなかなか出せない。


29インチに乗り換えてから初めてのマッドレースでもあったので

その練習にもなったりと

「時間対効果」は、高かったかな?


さて、いよいよ来週は「王滝120km」と「J富士見」の連戦。

その前に、バイク整備をしないと・・・・


チェーンはとりあえず交換だな。
comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  
2013年春・タイオガカーニバル
category: 草レース | author: オオケン
関西屈指の草レース

タイオガカーニバルに

久々にソロで参加。


朝に軽く一周試走をする。

押し区間は大幅にカットされ、

えらく簡単なビギナー向けコースに激変していた。

コンセプトは

「初心者でも楽しめる100%乗車可能なコース」

だそうだ(・・・確か)


参加者は年々減っているようで、今回は100チームを切っている。

全盛期は200チームくらい参加していて、

昔は盛り上がってたよな〜  ←遠い目


最前列では10代の若者が陣取っている  ←若いな〜
482330_619057938120241_275257500_n_Snapseed.jpg

10時に、4時間耐久レースのスタート

長丁場なこともを考えて、

かなりスロースタートで行く


今日の課題は後半に失速しないように、

なるべく一定のペースで走りきる事。
301615_619077568118278_686075154_n_Snapseed.jpg

45分おきくらいに、

ジェルやゼリーなどの補給食を食べながら淡々と走る。


向かい風がキツくなってきた頃に、

今日はチームで走るエリートのO渕さんと合流。

トレインを組ませてもらう。

2時間が経過したあたりから、

ポツポツ雨が降り始める。


路面の表面の砂が浮いて、スリップしはじめる。

やがて土砂降り。

粘土質の路面はツルツルになり、急に難しくなる。

体力的には全然余裕で調子も良かったが、

冬の雨は身体に良くない。

ハイスピードの下りで一気に身体が冷えて

低体温症の様な感じになる。

指の感覚もなくなり、右手がほとんど動かなくなる。


と、そのうち主催者から3時間に変更のアナウンスが   ←助かった・・・

これ以上走っていたら、確実に身体に悪かったと思う。
P3100145_Snapseed.jpg


終わって着替えている時に、左足のフクラハギを激しく攣った。

着替えてからもしばらくは身体がガクガク震えて止まらず。

帰りは嫁さんの運転で、助手席で爆睡でした。
comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  
new old
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH