備忘録ブログ。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
RECOMMEND
<< ゴールデンウィーク | main | 2015.SDA王滝100kmレースレポート >>
2015年CJ-U 愛媛県八幡浜インターナショナルXCO#2
category: ジャパンシリーズ/MTB | author: オオケン

 2015年5月17日(日)

会場コース:愛媛県八幡浜市市民スポーツパーク
周回数:5.6km×5周回
天  気:晴れ
使用機材
・バイク   CANYON GRANDCANYON CF SLX 9.9SL 29er(2013年モデル)
・メインコンポ   SHIMANO  XTR 
・ブレーキ MAGURA MT8
・PAD  Vesrah  BP-046(XC)
・ホイール   MAVIC CROSSMAX 29SLR
・タイヤ   FR:GEAX SAGUARO 29×2.1    1.5bar
・Fフォーク   Fox 32 Float FITテラロジック
・ペダル Time アタックチタンカーボン
・シューズ SIDI ドラコカーボンSRS
・グリップ ERGON GS1
愛媛県に全国から80名のエリートライダーが集結
自分は前回の朽木が今シーズン初レースだったので、
沖縄や菖蒲谷のCJ-2レースに出場しポイントを持っている選手が
軒並み前方のスタート位置に並んでいる。
昨年はスタート後に集団の落車があり
嫌なイメージを持ってスタートを待つ選手もいたと思う。
慎重に最初の緩やかなコーナーを曲がり、シングルトラックへ。
毎度のことながら、ひどい渋滞。
横から割り込んでくる選手のおかげで
さらに詰まってスピードが落ちる。
グラウンドに一旦出て、
桜の散った桜坂を登り、そこからまたシングルに入る。
一旦下りきって、緩やかなアスファルトの上りになり、
ようやく広くなる。
ここでどれだけ踏めるかで順位が大きく変わるが
一周目はみんなまだまだ元気なのと必死なのとで
なかなか順位を上げられない。
ゴジラの背中と言われる、木の根区間も
例年はもう少し簡単に通過していたハズだが
前日の雨で湿った部分も残っていてツルツル。
とりあえず押していく所と乗っているところを決めて
テクニカルな区間はメリハリを付けて出来るだけスムーズにパス。
二周目に入って、徐々に選手がバラけてくる。
序盤のシングルから、登りに入ったところでは
路面が若干マッド気味。
ここで前方の選手が脚をつくと
ラインを塞がれて自分も止まざるをえない。
一方で下リの速い選手の後ろにつくと
ライン取りやブレーキングポイントなど
速い選手に引っ張られて良い感じで走れる。
どの選手の後ろに付くか、というのはXCOにおいて非常に重要。
そういう意味でも、他の選手のスキルや走り方を
他のエリート選手も意識しながら走っているのではないかと思う。
そんなこんなで二周回目の長い登りで、
チームメイト二人にパスされる。
引き離されないように、何とか視界に入るように踏む。
3周回目に入ると、脚の揃った選手と
パックになって走ることが増えてくる。
八幡浜のコースはとにかくコーナーが多く
適切なブレーキングが重要になってくる。
IMG_3659.jpg
当然、リアブレーキでリアタイヤを滑らせ気味にして
コーナーを抜けることが多いが、
この辺りでブレーキの感触がおかしいのに気がつく。
リアブレーキがスカスカで、ブレーキの感触がない。
オイル漏れか?と思ったが、もうどうしようもない。
緩やかなコーナーでは、フロントブレーキだけでも曲がれるが
今までのようにコーナーギリギリ手前で急ブレーキをかけると、
フロントがスリップするので、ブレーキングポイントを
かなり手前にしないと曲がれない・・・・
1コーナーでコンマ数秒のロスでも
コーナーの数に比例して、結構なタイムロス。
長いアスファルトの上り手前や
桜坂バンクに出る途中の滑りやすい斜度のキツイ下リでは、
前荷重にしてバイクをなるべく立てるが
フロントブレーキだけでは止まりきれない。
とっさにシューズを地面に擦り付けてブレーキをかけるが
コースアウトや、崖に落ちそうになる。
来週の王滝や、その後の富士見のことも考え、
とりあえず怪我をしないような慎重な走りに切り替える。
当然一気にペースダウン。
前の方に見えていた選手に追いつくどころか、
後方からもどんどん追いつかれてしまう。
結局、4周回目から5周回目に入る手前で降ろされる。
順位:エリートMEN  -1RAP  40位/80人中
あと30秒ほどでファイナルラップへ突入できたっぽい。
ゴール後、後ろのキャリパーを見ると、
あるべきものが無かった。
IMG_3654.jpg
ブレーキのトラブルがなければ、もう少し上へ行けたと思う。
とりあえず怪我せずに終われたので良しとします。
この鬱憤は、王滝で晴らしたいと思います!!
今回も沢山の応援ありがとうございました!!
comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  






この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
PROFILE
OTHERS
SEARCH