備忘録ブログ。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
カウンター
ブログパーツUL5
楽天
amazon.com
あなたも、おしゃれなブログ      始めてみませんか?
RECOMMEND
<< 2017.8月 北海道帰省 | main | 2017.9.3  御在所岳 日帰り登山 >>
2017.8.25 焼岳〜上高地 日帰り登山
category: 北アルプス | author: オオケン

いつもの嫁さんと

 

夏休み中でたまたまクラブが休みの小5の次男を連れて

 

北アルプス唯一の活火山でもある百名山の焼岳へ。

 

前日に仕事を終えて、夜のうちに滋賀を出発。

 

岐阜県高山経由だと4時間くらい。

 

深夜のうちに、登山口の中の湯温泉近くの駐車場に到着し、

 

明るくなるまで数時間仮眠する。

 

駐車場は平日なのでガラガラでした。

 

 

残念ながら、天気はどんよりと曇り空。

IMG_6115.jpg

 

朝6時半頃に出発。

 

新中の湯ルートを通って山頂を目指す。

 

IMG_6116.jpg

 

IMG_6118.jpg

 

朝もやの森の中は気持ちが良い

 

IMG_6121.jpg

 

IMG_6126.jpg

登り始めはまだ雨も降っていなかったけれど、

 

ポツポツと小雨から

 

やがて本降りになる。

IMG_6128.jpg

 

雨具を着込むけど、雨に濡れると一気に体温が奪われる。

 

 

 

足元もグチャグチャ。

 

ゴアテックス完全防水の登山靴の上からゲイターも装着(自分だけ)

IMG_6192.jpg

 

山頂方面はガスに包まれる。

IMG_5275.jpg

 

休み休み行くが、

 

登山に慣れていない次男はバテバテ。

IMG_5276.jpg

 

ゆっくり登っていく。

 

やがて標高2千メートルを超えたあたりから岩場が多くなってくる。

IMG_6139.jpg

 

活火山ということもあり、山頂近くになればなるほど

 

硫黄の匂いが鼻をつく。

IMG_6141.jpg

 

ほぼコースタイム通り、登り始めて3時間ほどで山頂へ。

 

焼岳頂上の南峰(2455m)は活火山のため立入禁止。

 

なので、近くの北峰(2444.3m)が実質の山頂らしい。

IMG_5282 (1).jpg

 

 

北アルプスから眺める雄大な景色を息子に見せたかったので残念だが、

 

あいにく周りの視界は全く無いので、早々に下山開始。

IMG_6154.jpg

 

徐々に雨脚が強く激しくなってくるが、

 

身体を隠す木々が全く無いので体力が奪われる。

 

ゴロゴロと岩が点在する斜面を進み、何とか休憩する場所を探すが

 

なかなか見当たらない。1時間半程土砂降りの中を歩いて、

 

新中尾峠の先の焼岳小屋がようやく見えて何とか駆け込む。

 

すでに何組かのパーティが雨宿りしていた。

 

雷雨が鳴り、土砂降りが続くため、

 

しばらく小屋の中で雨宿りさせてもらう。

 

持ってきたフリースやダウンジャケットを全て着込まないと

 

震えるぐらい寒い。

 

ホットサンドやカップラーメン(お店で注文)で

 

身体を温める。

IMG_6194.jpg

 

IMG_6158.jpg

 

疲れたのか、息子が横になり1時間ほど昼寝。

 

 

やがて雨がやんできたので、13時過ぎに上高地方面に向けて出発。

 

雨で滑りやすい上、

 

ハシゴや岩場、鎖場の連続で

IMG_6160.jpg

IMG_6166.jpg

IMG_6163.jpg

なかなかハードな道のりだったが、

 

タジログこともなくぐんぐん進む。

IMG_6173.jpg

 

 

モヤの向こうに上高地の建物がうっすら見えてくる。

IMG_6168.jpg

 

IMG_6179.jpg

 

大正池を横目に川沿いを歩いて、

 

帝国ホテルなどの避暑地のホテル群を抜け

IMG_6186.jpg

 

有名な河童橋を渡ってゴール。

IMG_6196.jpg

 

天候は生憎だったけれど、やりきった達成感で息子も満足したようで、

 

帰りの車中では疲れて爆睡でした。

 

眺望が全然望めなかったので、来年以降、再度リベンジしたいですね。

 

comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  






この記事のトラックバックURL : http://onishiken.jugem.jp/trackback/1124
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH