備忘録ブログ。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
カウンター
ブログパーツUL5
楽天
amazon.com
あなたも、おしゃれなブログ      始めてみませんか?
RECOMMEND
<< 2017.9.8 仙丈ヶ岳 日帰り登山 | main | 2017.10.3〜10.4 白馬岳(しろうまだけ) >>
2017.9.24 立山(雄山〜大汝山〜富士ノ折立〜真砂岳〜別山)日帰り登山
category: 北アルプス | author: オオケン

土曜日の小学校の運動会中に

 

急遽 山行の行き先を決めて、

 

運動会が終わってから荷物をパッキング。

 

 

そのまま日曜日前夜に滋賀を発ち、

 

夜な夜な運転して約280km先の富山の立山駅へ。

 

 

 

深夜2時すぎに到着した頃には、

 

すでに駐車場はほぼ満車。

 

 

何とか路肩の空きスペースに停めることが出来ました。

 

P9247194.jpg

 

ケーブルカーの始発は早朝6:00だったので、少し仮眠。

 

立山登山の起点になる室堂へは、

 

富山側と長野側の双方からアプローチできます。

 

 

 

長野側はトロリーバス〜徒歩〜ケーブルカー〜ロープウェイ〜トロリーバス

 

と乗り換えが多く面倒臭そうのなのに対して、

 

富山側は、ケーブルカーとバスのみなので楽チンです。

 

 

早朝6:00すぎ、切符を購入するのに窓口に並ぶも、

 

既に6:00の始発と6:20の2便目は売り切れ。

 

 

3便目の6:40発のケーブルカーに乗り込み、

 

P9247199.jpg

 

約7分でバス乗り場のある美女平へ。

 

そこからはさらにバスに揺られて約50分で、

 

標高2420mの室堂平に到着(大人往復4310円/人)

 

 

奇跡的に最高の天気です。

 

P9247203.jpg

 

午前中は雲も少ないので気持ちが良いんですが、

 

日差しも強いです。

 

終始、サングラスで眼を守ります。

 

 

ゆるやかな石畳を通り徐々に高度を上げていきます。

 

P9247208.jpg

 

 

標高が高いので雪渓も所々に残っていて、

 

P9247211.jpg

 

空気も体感的に薄いと感じました。

 

後一ヶ月もすれば、雪が降り積もるんでしょうか。

 

 

一時間ほど歩いて標高2705mの一ノ越に到着。

P9247222.jpg

 

この間、やたらと声の大きな韓国人らしき団体登山者が・・・

 

こんなところでも、インバウンドです。

 

 

 

雄山(おやま)までは狭い岩場の

 

急登ルートを登りますが、

 

渋滞でなかなか進みません。

 

P9247227.jpg

 

この辺まではわりと軽装の登山者も多いです。

 

 

雄山の山頂まであと少し。

 

P9247231.jpg

 

本当に天気が最高で、写真では十分伝わらないですが

 

とにかく絶景です。

 

P9247225.jpg

 

 

 

立山の一等三角点、標高2991m。

 

P9247241.jpg

 

山頂には立派な売店もあり、

 

登山者が多数くつろいでいます。

 

P9247257.jpg

 

ココまで登って、また引き返すという人が多いみたいです。

 

このあたりで3000m前後。

 

P9247242.jpg

 

 

もう少し先にある

 

立山連峰の最高峰、

 

標高3015mの大汝山(おおなんじやま)へ

 

P9247261.jpg

 

 

剱岳や薬師岳、

 

遠くに槍ヶ岳や富士山もうっすら見えました。

 

P9247245.jpg

 

 

 

有名な黒部ダムも初めて見ました。

 

P9247265.jpg

 

いつかダム方面にも行ってみたいですね。

 

 

 

 

ちょっと早いけど昼食。

 

本日はメスティンラージに塩おむすびにカツを入れて

 

P9247269.jpg

 

 

P9247276.jpg

 

カツとじ丼。

 

簡単ですがお腹いっぱいになります。

 

 

雄大な景色が最高のオカズで、

 

贅沢な食事です。

 

P9247283.jpg

 

 

暫く進むと、岩稜帯の富士ノ折立。

 

ココの標高が、遠くに見える剱岳と同じ2999mでした。

 

P9247292.jpg

 

先週、剱岳を登る予定でしたが、台風の影響で中止になったので、

 

来年こそは剱岳登りたいです。

 

 

 

真砂岳への下りから、大走り登山道の合流を経て

 

しばらくは気持ちのよい稜線を進みます。

 

空が本当に青い

 

P9247311.jpg

 

 

手作り感満載の、味のある看板。

 

サビ具合も良い感じです。

 

P9247315.jpg

 

青い空と眼下の雲海が最高。

 

向こうに見えるのは、白馬岳と唐松岳、鹿島槍ヶ岳かな?

 

P9247319.jpg

 

振り返ると、今まで通ったルートが見えます。

 

ココから見ると、急峻に見えますが

 

実際は大したことはないです。

 

P9247321.jpg

 

 

木々が殆ど無いんですが、

 

植物も所々に赤く色づいてきてます。

 

P9247333.jpg

 

別山到着。

 

もう少し上手に字を書けなかったんでしょうか?

 

P9247338.jpg

 

 

雄山からココまで結構来たな〜

 

朝から歩いてきたルートを眺めながら

 

充実感に浸るヒトトキ

 

P9247339.jpg

 

 

 

ココの山頂から、

 

剱岳の勇姿もバッチリ拝めました。

 

P9247358.jpg

 

イカツイ、

 

そしてやっぱりカッコイイ山だ。

 

 

 

別山尾根方面に向けて目を凝らしても、

 

登っている人は全く見えませんでした。

 

 

望遠レンズがあれば見えるのかな?

 

 

 

眼下には、剱澤小屋とテント場が見えます。

 

あそこからの景色も、良いんだろうな〜

 

P9247359.jpg

 

 

劔御前小舎からは室堂へ向けて下山。

 

この時点で14時くらい。

 

P9247368.jpg

 

最終のバスが17:05だったので、

 

あと3時間以内にターミナルへ到着しておく必要がある。

 

 

午後になると、少しずつガスが多くなってくる。

 

振り返ると青空と紅葉の山々。

 

P9247373.jpg

 

雷鳥沢ヒュッテのテント場。

 

P9247384.jpg

 

羨ましいな〜と指をくわえながら、

 

断腸の思いで横を通り過ぎる。

 

 

ココからの眺めが一番好きかも知れません。

 

P9247385.jpg

 

みくりが池に映る、立山連峰。

 

P9247400.jpg

 

みくりが池温泉では、日帰り入浴も出来るようです。

 

本日は時間がないのでスルー

 

バスターミナルに到着したのは16:30くらい。

 

 

 

写真撮ったり、ゆっくり食事したり

 

結構のんびりしていたので、割りとギリギリでした。

 

 

バスに乗り遅れると、室堂に宿泊しないといけないので

 

今回のルートは子供と一緒だと、日帰りは厳しかもしれません。

 

 

 

累積 獲得標高は約1068m、歩行距離は約11.5kmでした。

 

今回初の立山でしたが、

 

高い交通費を払ってでも、来る価値アリです。

 

comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  






この記事のトラックバックURL : http://onishiken.jugem.jp/trackback/1127
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH