備忘録ブログ。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
カウンター
ブログパーツUL5
amazon.com
RECOMMEND
<< 2018.7.18〜20 白峰三山縦走(北岳・間ノ岳・農鳥岳) | main | ミーレ食洗機の故障 >>
2018.7.29〜30 燕岳・家族登山
category: 北アルプス | author: オオケン

学校が夏休みの子供と一家5人で一泊二日の登山へ

 

向かうは昨年も嫁と二人で登った、北アルプスの燕岳。

 

真ん中の娘だけ、ほぼ登山歴なしだが、

 

先週の引退試合まで部活(テニス)の練習をしていたので大丈夫だろう。

 

夏休みということで、土日は避けて平日の月曜日から登り始めることに。

 

前日の夜に出発して、深夜3時に到着するも第一駐車場はすでに満車・・・(平日です)

 

第二駐車場になんとか停めることができたので、少し仮眠して朝6時に出発。

 

登山届は前日の車での移動中にネットで提出済 →コンパス 

 

なので、燕岳登山口前の登山ポストはスルー。

 

標高1450mの登山口からテント場のある燕山荘が2704mあるので1250mほどの上り。

 

距離は短いけれど、それなりに急登が続きます(北アルプスの三大急登らしい)

P7301365.jpg

 

3時間ほどで、合戦小屋へ到着。

P7301384.jpg

 

平日なのにものすごい人。なんとか座る席を確保して、名物のスイカをいただきます。

 

二切れを5等分に切ってもらいました(一切れ800円)

P7301379.jpg

 

各自ウレタンマットをザックに直接入れているので、ザックが大きくて重たそうに見えますが

 

途中水場が到るところにあり水分も確保しやすいため、荷物は非常に軽いです。

P7301391.jpg

 

合戦尾根に出ると、燕山荘が見えてきましたが、あいにくガスが多く槍ヶ岳方面は眺望なし。

P7301397.jpg

 

お昼頃には燕山荘に到着。

 

登山者は多いですが、テント場は比較的空いていました。

 

すぐにテントを二張張って、

P7301398.jpg

 

昼食を食べて燕岳へ行く予定が、相変わらずガスが多く、景色も良くなさそうなので

 

テント場で日向ぼっこしたり、昼寝をしたり、本を読んだり

 

スマホをいじったり(ドコモの電波は届いてます)おのおのの時間を過ごす。

 

結局その後は、燕山荘のオシャレなカフェでケーキを注文して食べて

P7301409.jpg

 

夕食は豪華に鍋ですき焼き(卵も人数分持参)

P7301434.jpg

 

日が暮れ始めてから、ようやく燕岳が顔を出す。

P7301435.jpg

 

反対側の遠くには槍ヶ岳や、先月登った大天井(おてんしょう)岳がくっきり。

P7301457.jpg

 

翌朝は早起きするので、早めに就寝。

 

夜は月明かりが明るすぎて、星があまり見えませんでした。

P7311470.jpg

 

ヘッドライトも灯けずにウロウロできます。

P7311472.jpg

 

 

朝になるとすっかり雲が無くなり、キレイな朝焼け。

P7311495.jpg

P7311531.jpg

 

この時間はいつ見てもキレイですね。燕岳の山頂付近にも人影が見えます。

P7311511.jpg

 

この時間を過ごすために山の上で宿泊しているようなものです。

P7311530.jpg

 

 

富士山と、つい先日登った八ヶ岳方面と北岳らしき山が遠くに見えます。

P7311532.jpg

 

朝日を浴びたあとは、早朝のうちに燕岳へ。テント場からは片道30分ほど。

P7310312.jpg

青空の中、家族全員で2763mの燕岳へ登頂です。

 

 

今回、テントはMSRエリクサー2(2人用)と

 

20年前から愛用のライペンエアライズ2(2〜3人用)を持ってきましたが、

 

家族の荷物をMSRの広大な前室部分に収納できるため、快適に眠れました。

P7311542.jpg

 

3シーズン用のダウンシュラフも少し暑いかな?

 

と思いましたが、シュラフから出ると意外に寒いので、

 

これくらいでちょうどよいと思います。

(他のテントサイトから、夜寒くて衣類を全部着込んだ・・・、みたいな声も聞こえました)

 

自分のものは自分で持つ、ということで

 

バックパックは次男と娘も30L以上、長男は大人と同じくらいの容量の60Lでした。

P7311545.jpg

 

下山時は再びガスガスで、写真はほとんど撮らず。

 

燕岳は北アルプスでも初心者向けということで、団体さんも非常に多くて

 

下山時は大渋滞でした(平日です)

 

土日はもっと凄いことになっていると思うと、恐ろしいですね。

comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  






この記事のトラックバックURL : http://onishiken.jugem.jp/trackback/1150
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH