備忘録ブログ。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
RECOMMEND
<< 2019.8.11〜8.12 大雪山 〜旭岳 2290m | main | 木曽駒ヶ岳 >>
2019.9.14〜16  白馬鑓ヶ岳・白馬岳・小蓮華山 
category: 北アルプス | author: オオケン

9月の連休に、2泊3日で白馬岳を縦走してきました。

 

大学生の長男も一緒ということで、仕方なく土日祝日に休みをとる。

 

ただ今年は週末になると天候が崩れる・・・

 

という嫌な傾向でしたが、登山予定日はそこそこ天気も良さそう。

 

ということで前日の晩に滋賀の家を出発して、

 

車で北陸道を通って長野の栂池までやってきました。

 

【一日目】

 

猿倉にも駐車場はありますが、おそらく一杯だろうという予測のもと、

 

八方バスターミナル近くの八方ゴンドラ第5駐車場(無料)に停め

 

満員のバス(片道950円)でまずは猿倉荘の登山口を目指します。

 

 

 

案の定、猿倉に向かう途中で、駐車場満車の表示が。

 

猿倉荘で登山届を提出し、

 

 

8時頃にいざ入山。

 

途中で大雪渓との分岐があり、白馬鑓温泉方面の道へ。

 

白馬鑓温泉まではコースタイムで約4時間半で本日は短めの行程です。

 

しばらく樹林帯を進みますが、木漏れ日の日差しが気持ちいいです。

 

木陰がなくなると、さすがに暑い。

 

しばらくいくと視界がひらけ、鑓ヶ岳と杓子岳の北アルプスらしい勇姿が。

 

巻道を進み徐々に高度を上げていきます。

 

遠くに本日の目的地の白馬鑓温泉小屋とテント村が見えてきた。(中腹にあります)

 

結構遠いな〜

 

昼近くに到着、徐々に天気が崩れくもり空に。

 

 

 

さすが三連休。

 

テント場はギッシリでテントを張れる場所を探すのも一苦労。

 

ようやく片隅に2張り張れそうな場所を確保。(生活感が・・)

 

その後も続々と登山者が到着し、かなり段差のある斜面や通路なども埋まっていった。

 

テント張れなかった人はおそらく小屋泊まりに変更したのかも。

 

やはり連休中のテント泊は早着きしないと厳しいですね。

 

 

昼に到着したので、温泉入って昼寝をして、

 

また温泉入って早めの夕食を食べ

 

またまた温泉入ったりとかなりゆっくりしました。温泉最高です。

 

 

 

就寝時間も早かったので、

 

夜中の3時に起きて朝の出発時間まで、

 

また温泉入りながら星空を眺めるという最高の時間を過ごす。

 

【二日目】

朝日が温泉の湯気で幻想的に。

 

本日の行程が一番距離もあり長いので、6時前には出発です。

 

朝日に照らされて気持ちが良いです。

 

白馬鑓ヶ岳まではコースタイム3時間40分程で

 

距離はそうでもないんですが鎖場なんかもあり結構時間がかかるようです。

 

岩場を慎重に進んでいく。

 

山頂の方を見上げると青空ですが、振り返って外界の方を見ると雲がモクモク。

 

 

天狗尾根の方は山の感じがまた違い八ヶ岳の赤岳の岩肌のような感じです。

 

ココまで来ると遠くに富士山や、八ヶ岳らしき山々がうっすら見えます。

 

ようやく尾根に出ました。

 

ここから白馬鑓ヶ岳はすぐそこ。

 

山頂からは杓子岳と二年前にも行った白馬岳が。

 

気持ち良い稜線沿いはアップダウンも少ないので楽です。

 

白馬山荘の中のレストランはかなりおしゃれな作りでした。

 

 

外のベンチで昼食と、ここで濡れたテントを広げて乾かします。

 

山荘から白馬岳山頂まではすぐそこ。

 

二年前はガスで景色が全く見えなかったのが、本日は快晴。

 

遠くまでよく見渡せます。

 

そこから三国境、

 

小蓮華山を抜ける頃には再びガスってきました。

 

白馬大池山荘に着く頃には、完全にガスの中。

 

とりあえずテントを張れるスペースを探して3日目に備えます。

 

【3日目】

早朝はガスっていたものの雨は降っていない

 

本日は乗鞍岳から栂池ロープウェイに乗って下山し、八方の駐車場へ帰るのみ。

 

なので、朝はかなりゆっくりしてました。

 

出発は7時とかなり遅めでしたが、そのおかげで天候が一気に回復。

 

白馬大池の景色は素晴らしいものでした。

 

風一つなく、池が鏡のようになり見事なリフレクションです。

 

青い池と赤い屋根の白馬大池山荘が美しい。

 

栂池方面に向かうと、やっぱり曇ってきました。

 

天狗原の木道を降りていくと、

 

何やらチョロチョロ動く物体が。

 

オコジョかな?

 

この後、栂池ロープウェイで栂池に降りてから、

 

バスで八方へ戻りました。

 

 

温泉も入れたし、白馬大池も素晴らしかったし今年一番の山行となりました。

 

何より息子も一緒だと、水とかの重い荷物を分担できるのでかなり楽です。

 

comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  






この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
PROFILE
OTHERS
SEARCH