備忘録ブログ。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
RECOMMEND
<< 小川珈琲 | main | 美山へお花見 >>
実業団レース・伊吹山ヒルクライム
category: ロードレース | author: オオケン
4/5(日)

今年初のロードレースに参加しました。

日本百名山のひとつ伊吹山は標高が約1377mあります。

ヒルクライムレースなので、山麓から山頂までの速さを競います。


京都からは、高速で1時間30分くらいの近さにあり、とっても近い。

途中の高速道路から見た伊吹山  ↓正面の遠くにかすむ山がソレ


で、会場に到着するとすごい参加者の数です。


手前と遠くに見える駐車場もレース参加者の車。


駐車場が4カ所くらいあるんですが、ほぼ満車。

一般クラスの参加者は2300人!!  ←それも定員超過でキャンセル待ち?

ロードバイク界は相変わらず、すごい盛り上がりです。

自分の出場クラスは、実業団の一番上のクラスなんですが

BR-1は全部で100人くらい。

それ以下のERクラスは200人くらいみたい。

今回はあんまりやる気がなくて、バイクに心拍系もメータも付けてません。

シューズもマウンテン用でペダルもSPDペダルと完全に通勤仕様です。

BR-1でロードシューズを履いてないのは、おそらく自分だけではないだろうか。

そんなこんなで、14:30過ぎにBR-1が一斉にスタート。

山頂までの約17kmの旅路が始まりました。

昨年はスタートでがんばり過ぎでしばらく先頭を走ったら、後半ばてばてだったので

今年はあまりがんばらずに、後半に余力を残す作戦。

と言っても、やはり練習色が強いので途中の景色を楽しみながら、

ペースも上げすぎず、ペダリングに集中しながら無理なく漕いだ。

で、山頂に近づくにつれて強風が吹いていて風に煽られる。

山肌には結構、残雪も残っていて、走っていても汗があまりでないので結構寒いのかな?

なんて考えながら登っていると、いつのまにかゴールでした。

ゴール後もちょっと余裕があるのに自分でもびっくり。

あんまりダンシングもしなかったし、足がつりそうな感じも全くない。

ちょっと押さえすぎたかな?

他の選手は、ゴール後にハアハア言いながら、その場に倒れ込んだりしている。

自分はビューポイントで早速の記念撮影


レースジャージの中にデジカメを入れていたんだけれど

レース中は結局一枚も撮れず(当然か)

で、時間が経つにつれて、みるみる寒くなってくる。

表彰式終了後、先導のバイクについて行き集団下山。

これがまた、寒いのなんのって。


登りのしんどさよりも、下りの寒さのほうが辛かったです。

結局、順位はトップから約6分遅れの29位でした。

って、MTBの開幕戦と全く同じ順位です。

進歩がないですね。



comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  






この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
PROFILE
OTHERS
SEARCH