備忘録ブログ。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
RECOMMEND
<< いちご大福 | main | 出世魚を食す >>
関西シクロ/滋賀県・希望ヶ丘公園
category: シクロクロス | author: オオケン
1/10(日)

今年初めてのレース。

まずは近所の「Radio Bagle」でベーグルを仕入れる。



日曜日ですが、常連さんがひっきりなしに出入りしています。

ここのベーグルはやっぱりおいしいです。


それから、滋賀県へ。

高速使うとあっという間ですね。

1時間もかかりませんでした   ←近い

レースの方は・・・・・・・

ベルギーから一時帰国している、竹ノ内選手も参戦。

全日本選手権2位の小坂選手と、プロロード選手でもある息子

かつての全日本覇者、ベテラン大原選手など強豪揃いのなかスタート。

スタートして、トップ集団はどんどん後続を引き離して行きますが、

上位グループ以降になると、レベルもバラバラ。

テクニカルセクション登りで誰かが足を付けば、あっというまに詰まります。

かといって、一気に抜いて行く脚もないので、一人ずつ無理せず抜いて行く。

自分のリズムがつかめないまま、周回を重ねる。



後半になって、前方がクリアになってようやく自分のリズム、ラインで走れるようになる。

しかし、あいかわらず平坦路は遅いです、自分。

レース終盤にトップ(小坂父)に抜かれてから、一気に集中が切れる。

ここで、自分はレース終了です。  

いままで競ってた選手3人くらいに一気に抜かれますが、

ただ見送るのみ。

あとはクルージングモード。

得意なコースのハズですが、結果もいまいちでした。

そんなに遅くはないハズですが、上位グループはレベルが違いすぎます。


子供は広い公園内を走り回って遊んでいました。


駐車場で昼食のインスタント焼きそばのお湯を沸かす。

子供たちの目が輝きます。

普段、めったに食べないインスタント食品が大好きなんです。

この、濃い味が子供を引きつけるんでしょうね〜

自分も昔、そうでした・・・・ ←遠い目

帰りに、南草津にある「モンベルショップへ」

シュラフを物色。

今、家にあるのが
オールシーズン用(厳冬期用)1つと
3シーズン用(春夏秋用)が2つ
子供用の3シーズン用が1つ。

最近のシュラフはストレッチ素材で寝袋内で「あぐら」がかけたり、
2つのシュラフをジッパーで連結させたりと、すごい進化しています。

と感心しただけで、結局何も買わず。

自分のシュラフは、もう10年以上使ってますが、
若干ダウンの量が減っているだけで、まだまだ使えます。
10年以上前に厳冬期の北海道(1月の奥尻島)を一人で旅したときに
テントを張って寝ましたが、このシュラフのおかげでわりと快適でした。
外気温はー10℃くらいでしたけど、テントを少し雪で埋めちゃえば
案外、中は暖かいんですよね。



comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  






この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
PROFILE
OTHERS
SEARCH