備忘録ブログ。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
RECOMMEND
<< デッキ塗り(・・・続き) | main | 関西クロス 京都・丹波自然公園 >>
風と土の工藝 2012'
category: 比良のこと | author: オオケン
隣町の滋賀県高島の作家展へ行く

高島と言えば、「高島屋」だが

そんな街中のデパートにいけば、

普通に置いてあるような物が

田舎の片隅で、粛々と作られている



最終日の14時に受付

終了が17時なので、あと3時間しか無い

全部で45カ所もあるので、

当然この時間からでは全部は回れない


なので昨年行けてない場所、新しい場所に行く

一番気になったのが、「工房 細井袋物
PC099424_Snapseed.jpg


帆布製品がとってもいい感じ

日本の伝統的な模様と

落ち着いた色使いもいい
PC099421_Snapseed.jpg


工業用のミシンなど

作業現場に嫁が興味津々

作家展なので、作業現場も自由に見せてくれる

作家さんに直接聞いたりも出来る
PC099417_Snapseed.jpg

良い製品に、

良い道具は欠かせない
PC099418_Snapseed.jpg

美しい製品は、

キチンと整理された工房から生み出され

テイネイな仕事をする作り手も存在する


シンプルなのがイイ

皮と帆布のコラボレート
PC099419_Snapseed.jpg




そこから、さらに山奥にある集落へ


小学校を改装したという、

チェコ出身の写真家のギャラリーへ
PC099430_Snapseed.jpg

この建物も興味津々

近代的な建物の中から見る、

田舎の風景もアートだ


計算され撮影された写真は

組み立てると、

360度の立体的な写真になる
PC099426_Snapseed.jpg



スイス人と日本人の陶芸家の作業場へ

それぞれで、

作風が全然違うのがおもしろい
PC099435_Snapseed.jpg


外人さんには日本人に無い、

独特の感性がある
PC099446_Snapseed.jpg


作業場に置いてある物や、

飾ってあるものでも違いがよくわかる

PC099440_Snapseed.jpg


ガラス工芸の作家さんは

古民家にある倉をギャラリーにしていた
PC099449_Snapseed.jpg

こんな薪を積んだ物も

なぜかアートを感じるから不思議だ
PC099450_Snapseed.jpg


そんなこんなで、約3時間で5カ所程しか回れなかったけれど

家の近くの比良も含めると、

このへんの地域には

本当にたくさんのアーティストが住んでいるんだな〜と実感した。


まだまだ、気になる未訪問の作家さんが沢山いるので

来年は、休みをとって3日間かけてじっくり回りたい
PC119463_Snapseed.jpg
comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  






この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
PROFILE
OTHERS
SEARCH