備忘録ブログ。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
RECOMMEND
<< 豪雪 | main | 久々のIKEA神戸 >>
北神戸・関西シクロクロス
category: シクロクロス | author: オオケン
今年の初ライドで初レース

神戸でも北の方は以外に寒い。

到着した時は路面が凍結していたが、

カテ1の始まる昼過ぎには、暖かくなって路面が湿ってきた。

そんな状態の中でスタート。
8354201620_6728fcc4a8_b_Snapseed.jpg

相変わらず、シード選手は若者ばかり。

チームメイトのU大君がオッサンの域に達しつつある(笑


しばらくは集団走行。

ここで強引な選手はどんどん横から来て、割り込む。

そういったスキルも、実戦では必要だ。
8354170674_ee758eed07_b_Snapseed.jpg
photo by dsk24さん

途中のキャンバー区間はほとんど乗車できず、押し担ぎ状態。

ココの泥は、芝生の草も含んでいるので厄介だ。

試走でハンガーが折れてDNSの人も何人か目撃。

当然、レース中にも起こる。

約一割くらい?が途中でリタイヤしていた。


なのでなるべく、泥が絡まないように担ぎ区間を決めていく。


だが、キャンバー部分の担ぎで以前に傷めた右足首が悪化。

全然走れずペダルも踏み込めず、

全体的に激遅になる(泣


登りは遅くても、出来るだけ乗車していく
P1069209_Snapseed.jpg

タイヤがヤスリ目なのもあって、あまりグリップしないが

重めのギアで踏んでいくと結構進む。

スリップするけど、担ぐより足首が痛くないのでそうする。

明らかに担ぎより遅いが、乗れそうな所はチャレンジして乗っていく

というのがMTBバイカーの心情という物だ。


終わってみればトップに1RAPされた物の、

何とかトラブルなく走りきった。
P1069700_Snapseed.jpg


今日の教訓)バイクで速い選手は、ランも速い 

帰って、後片付け
P1069224_Snapseed.jpg

ジャージも泥を落として、すべて終わったのは日付が変わる少し前

コレがなければ、泥レースも楽しいんだけれど・・・
comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  






この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
PROFILE
OTHERS
SEARCH