備忘録ブログ。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
RECOMMEND
<< New iMac!! | main | クリスマス&結婚記念日 >>
京都練(今年の走り納め?)
category: ファンライド/里山ライド | author: オオケン
12/23(祝)は休みをとって京都練(習)へ

いつものガイド役、ヨッシーにご子息が誕生し、

京都練当日は嫁さんと子供が病院から退院する日、

ということで急遽ガイド役の代行を引き受けたものの、

最近は全然京都のトレイルを走っていない・・・・



岐阜・愛知・大阪方面からお集まりいただいた

いつもレース等でお会いする方々(全員エリート!!)

というすごい面々をご案内するという大役に、若干不安を覚えつつ

何度か行ったことのあるトレイルへ向かう。


全員エリートさんということで、事前にヨッシーと相談し

物足りないことがないようなルートを検討。


で、行ったのが京都のライダーは皆知ってるであろう

「エリートライダー養成坂」があるD山


山の麓から山頂まで、エリートライダーなら

足を着かずに登り切れる・・・・ハズだが

登り始めにあるセクションが特に難しく、

何度かチャレンジするも、結局誰もクリアできず。

来年はみんな降格ですね。

その後も、休みどころのない上りが続き

バイクに負荷をかけ続けていたところ、

ゼチさんがバイクトラブルでストップ。


どうもフリーハブのトラブルらしく、自走不能に。

ここからゼチさんがリタイヤし、元来た道を戻っていった・・・・


登りの途中で、とりあえず記念写真だけ撮った。
PC231627_Snapseed.jpg


ここからさらに登り、アスファルトに出て

更に奥のゴルフ場を目指す。


その横から、次の山の尾根沿いの道を目指すが

途中で道を間違えて、同じ道を行ったり来たり。


奇跡的に、年配のベテラン女性ハイカーさんに出会い

道を尋ねると、とても詳しく行き方を教えてくれた。


京都のトレイルには、

ベテランのハイカーさんが休日平日問わず年中多く

何かあっても(遭難とかしても)安心だ。  ←本当か?


そんなこんなで、

いつもの尾根沿いのダブルトラックを堪能しピークへ。
PC231628_Snapseed.jpg

遠くに見える雪山の麓に自宅がある。



こうして見ると、

京都に近いほど雪がほとんどない。


その後、下山をしてコンビニ休憩へ。

近道をしようとトレイルから行くと、思った以上に遠かった。


ここで、他のメンバーが少しハンガーノック気味に。

走っていると体は暖かいが、山の中はかなり気温が低い。

想像以上に体力とエネルギーを消費しているようだ。


なんとか山を降りてほどなくしてようやくコンビニ休憩。

コンビニの中に休憩スペースがあり、暖かくて気持ちがいい。


出発からすでに3時間が経過。

冬は日も短いので、あと一本走って終わりにすることに。

小高い丘をクライムし、トレイルを走って終了。

走行距離42km以上、獲得標高1600mちょっとでしたが

MTBライドは数字では表せないしんどさがある。

comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  






この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
PROFILE
OTHERS
SEARCH