備忘録ブログ。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
RECOMMEND
<< 木こりの日々 | main | 2014年J1 長野県富士見パノラマ XCO#3 レースレポート >>
2014年Jインターナショナル 愛媛県八幡浜 XCO#2
category: ジャパンシリーズ/MTB | author: オオケン
 2014年Jインターナショナル 愛媛県八幡浜 XCO#2
レースレポート

2014年5月25日(日)
会場コース:八幡浜市民スポーツパーク
天  気:晴天
リザルト:エリート 31位/68人出走  -1RAP
使用機材
・バイク   CANYON GRANDCANYON CF SLX 9.9SL 29er
・メインコンポ   SHIMANO  XTR
・ブレーキ MAGURA MT8
・PAD  Vesrah  BP-046(XC)
・ホイール   MAVIC CROSSMAX 29SLR
・タイヤ    IRC   ミトスチューブレスレディ2.1  F1.6bar   R1.7bar
・Fフォーク   Fox 32 Float FITテラロジック
・ペダル クランクブラザーズ CANDY1 
・補給  CCDドリンク×3、 コーラ(炭酸抜き) 


毎年この時期に訪れる八幡浜。

レースのグレードも、通常のJ1よりも格式の高い

UCI公認大会。

そのためだろうけど、見慣れない海外選手もチラホラ。

昨年は雨でドロドロだったけれど、

今年はドライ。

気持よく走れそうだ。

相変わらずの観客の多さの中、エリートがスタート。

が、いきなり前方で落車。

スピードに乗って行くところなので、

避けきれずに後続の選手がどんどん突っ込む。

それはまさに地獄絵図のようだ。
10320272_710298282364318_1296040079249502035_n.jpg


幸い、自分はスタートダッシュを失敗し

ワンテンポ遅れたおかげで巻き込まれずに済んだ。

左側をスルスルと抜けていく。


一周目のシングルに入ると、しばらく縦列走行。

登りの少し広くなったところになると、

激しいせめぎ合いが始まる。
10380446_244954245695844_2875238789009969106_o.jpg



序盤は20位台だったが、少しずつ後退。


八幡浜名物の根っこ区間。

P5252900.jpg


雨が降ると、ツルツルに滑るが

ドライだと全く問題ない。

P5252902.jpg


29erに乗り換えてから、

こういったギャップ区間のアドバンテージを強く感じる。
P5252949.jpg

エリートクラスになると、

後半に追い上げてくる選手も多い。

抜かれても、すぐに後ろにピッタリついて

限界まで引いてもらう。

完全にオーバーペース。

4周目あたりで、失速。


アスファルトの登り区間で、

ジェルを補給したり、コーラを補給して、

少しでも前に進める材料を加える。

P5252922.jpg

すぐ前にはチームメイトが2人視界に入っているが

ふたりともクライム区間が速く、なかなか追いつけず。


グラウンドに出たところで、足切り。

ファイナルラップ、今回も入れず、でした。


自分より速い選手が多数バイクトラブルやら

ケガで離脱している中、

トラブルもなく走りきれいているのに感謝しつつ、

もっと上を目指すために必要なことを

日々、考えています。
comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  






この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
PROFILE
OTHERS
SEARCH