備忘録ブログ。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
RECOMMEND
煙突掃除
category: 薪ストーブ | author: オオケン

煙突を掃除するブラシはだいぶ前に届いていたが、

ココ最近、休日はレースやトレイルライドで
朝から夕方まで出かけていることが多かった。
続きを読む >>
comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  
煙突掃除・・・・の準備
category: 薪ストーブ | author: オオケン

やろうやろう、と思っていて

すっかり後回しになっていた煙突掃除。
これをキッチリやり遂げない事には、
安心して冬を迎えられない。
続きを読む >>
comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  
割れね〜
category: 薪ストーブ | author: オオケン
最近の休日は、薪づくり

ケヤキの木が、思った以上に割れない


繊維が異様に複雑で、

割るのにコツ(手順)がいることが

だんだん分かってきた


朝から夕方まで、斧を振りおろし

全身が深い疲労感に包まれる


まだまだ貴重な休日には、ロングライドは出来そうにない

優先順位をつけて、

やるべき事をこなして行きたい。


梅雨に入る前に終わるかな・・・・


comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  
薪作り
category: 薪ストーブ | author: オオケン
先日、大量に原木が届いたが、

ココ最近、家族キャンプや入学式、遠征、薪小屋作りやらで

なかなか原木まで着手できず、ウズウズしていた。


ようやく、チェーンソーを取り出す
P4199942_Snapseed.jpg


久し振りの目立ても、

前よりもマシになったのか

硬いケヤキもサクサク切れる。



2時間程で、これくらい切る
P4199950_Snapseed.jpg

とりあえず昼には玉切り終了〜

残りの半分は、また後日。



午後には引き続き、薪割りをする。


しばらくはこんな感じで、重労働が続く・・・
comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  
破れた
category: 薪ストーブ | author: オオケン
2シーズン目の薪焚きも、

もうすぐ終わり。


その中で一番酷使しているのが、

モンベル×ファイヤーサイド製の皮のグローブ。


灼熱のストーブの中に、

薪をつかんだ手をそのまま突っ込めるので

非常に便利なんだけれど、

右手だけボロボロ。


で、先日とうとう穴があいた。
P3109777_Snapseed.jpg

こうなると、燃え盛る炎の中には

ちょっと手を突っ込めない。


補修可能かモンベルに勤める友人に問い合わせ中。

右手だけ買えれば良いんだけれど・・・
comments(2) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  
薪割りの日々
category: 薪ストーブ | author: オオケン
ようやく雪が溶けた

しかも休みの日に晴天

トレーニングに行こうか迷うが、

今月の目標走行距離も達成しているので

おとなしく薪割りをする。



端材ボックスの一つがほぼ満載
P2279749_Snapseed.jpg

リアカーのタイヤがベコベコだったので、

空気を入れるとかなり軽くなる


いただき物なので、節があったり形もいびつで

割ったり積んだりするのに、えらい手間がかかる
P2279754_Snapseed.jpg

まあタダだから仕方がない。


まだ割っていない木が山ほどあり、

家の軒下にも昨年割ったストックがある。

たぶん来シーズンの一年分はもつだろう。


晩ご飯の時、握力が無くなり箸が持てない・・・・


comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  
第二ラウンド
category: 薪ストーブ | author: オオケン
山でトレイルライドの後は

肉体労働。


新たな道具が先日届く。
P2119726_Snapseed.jpg

ヘルコ社製・バーモンターのスプリッティング ハンマーは

刃の重さだけでも3kgある。

今まで使っていた、グレンスフォシュ・ブルークスの斧が

かなり軽く感じる。


クサビも初めて使う。

新しい斧は、その名の通りハンマーにもなる。

割れにくい木も、2本のクサビを打ち込むと

メキメキ割れる。


途中から小六の息子も薪割りを手伝ってくれる。

親子で日が暮れるまで薪割りに汗を流す。


次の休みは薪積みだ。




comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  
薪の便利アイテム作製
category: 薪ストーブ | author: オオケン
ホームセンターで

2×4材と1×4材を大量に買ってきた。

設計図を見ながら、

まずは切断。


電動ノコでサクサク切っていく
PC209048_Snapseed.jpg


薪作りの必需品

「馬」作り

で、完成
PC299168_Snapseed.jpg


細長い小枝もこの上にばんばん積んで

チェーンソーで一気に切断

屈まずに作業できるので、腰にもやさしい。


もう一つは、先日作った

「端材ストッカー」
PC209052_Snapseed.jpg

こいつの「フタ」を作って、雨に濡れないようにする。

色はまだ塗ってないので、画像はまた後日。
comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  
端材の行方
category: 薪ストーブ | author: オオケン
 ココ最近、近所の山の木や、空き地の伐採した木を

(当然、許可をもらって)分けてもらっている。


無料で冬の燃料が手に入るのは大変嬉しいが、

枝や幹が曲がり、節が多いものなど、

チェーンソーでないとなかなか細かく出来ない木も多い。


玉切りしたものを斧で割ると、キレイに割れた薪が出来るが、

細かい木っ端や、端材などが大量に溜まってきた。



端材は当然、大きさも材質も様々なので、

普通の長い薪より、平積みがしにくい。


なので、無い物は作る事にする。

頭の中にイメージを形作り

それを書き出す作業


こういう作業は割と楽しい。
PB299368_Snapseed.jpg
設計図を元に、ホームセンターへ行き

安い2X4材や1X4材などを買ってくる。

メジャーと鉛筆でマーキング
PB299372_Snapseed.jpg


それを電ノコでサクサク切断していく

必要分ごとに、ひとまとめにする
PB299374_Snapseed.jpg


途中で程よい長さのビスが無い事に気がつき

近くのホームセンターへ車で走る。


ちょうど、近所のバイパスの工事で片側一車線規制を行っており

えらい時間がかかる。


帰ってきて、すっかり暗くなってきたころに

薪ストッカー(×2)が完成!!
PB309378_Snapseed.jpg


あとはコレに防腐防水用の塗料を塗ればバッチリ。

コレだけ大きければ、木っ端も相当入るハズだ。

comments(2) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  
火入れ
category: 薪ストーブ | author: オオケン
 11月に入って、急に寒くなってきた。

遂に今シーズン、最初の火入れ
PB029180_Snapseed.jpg


キレイになったストーブに、

小枝とオガクズを入れて、マッチで点火

徐々に火を育て、大きくしていく。


この、少しずつ暖かくなっていく感じがまた良い

1時間程経って、家の中がポカポカになると異変が起きる・・・・


子ども達が、バタバタと倒れる・・・



まあ、正確に言うと

ソファや床で、そのまま就寝。


やれやれ、またこの季節がやって来たか・・・と思う瞬間。

去年よりさらに重たくなった子供を抱え

2Fのベットへ連れて行く。
comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  
煙突掃除
category: 薪ストーブ | author: オオケン
初めての煙突掃除

薪ストーブを設置してもらった業者さんに

煙突掃除を依頼した


1シーズン、薪ストーブを使った後の

煙突やストーブの煤の汚れ具合いを見れば

様々な事がわかる。


薪がきちんと乾燥していたか、

薪の投入量による、炉内の燃焼温度は適切だったか、

きちんと薪が燃焼して、ストーブ本体から煙突にかけて

煙がスムーズに通り抜けているか


などなど、色々なことがわかるらしい


まずは屋根に登って、煙突トップを外す
P9238430.jpg


外し方も教えてもらう

パカッと明けると、

かなりの煤がこびり付いている
P9238433.jpg


この部分が、一番温度が低く

煤が溜まりやすいそう

柄の長〜い、煙突掃除専用のブラシを上から下に

時計回りに回しながら下まで擦る


掃除後、ストーブの炉内には、

真っ黒い煤がこんもり溜まっていた。


灰取りスコップを使って、丁寧にゴミ袋へ
P9238450.jpg


結構な量が煙突内にこびり付いていた

これを、そのまま放置しておくと

煙道火災が発生し、火事になるらしい。

断熱材入りの2重煙突は、煤がこびり付きにくいが

断熱材の無い、いわゆるシングル煙突は

煤が付きやすく、シーズン中も何度も掃除が必要らしい。

・・・と、色々勉強させて頂く。


続いて、耐火煉瓦や天板

ストーブの中身など、バラせるだけバラしてお掃除
P9238449.jpg

ブラシや掃除機を使って、ゴシゴシ、シューシュー

炉内も見違える程、キレイになる
P9238453.jpg

天板の塗装が剥がれた所も、

キレイに専用スプレーで補修してくれた。


本日は作業員2名でトータル2時間ちょっとの掃除時間

一人だと、倍以上(半日くらい)かかるらしいけど

馴れてないと、一日仕事だな。



煤の状態も良い感じで、

薪ストーブの使い方も特に問題ない、

との言葉にひと安心。



今日でだいたいのやり方は覚えたので

来年からは、この備忘録を元に自分でやる(つもり)


comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  
宝の山
category: 薪ストーブ | author: オオケン
夜に帰ると、

庭に何やら物体が置いてあった


朝になってよ〜く見ると、

宝の山
P9098697.jpg


ご近所さんが、伐採した木を

おすそ分けしてくれたらしい


もう少し涼しくなってから、

チェーンソーで細かくします

奥に置いてある丸太も

そろそろ割らないとな〜



comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  
薪生活
category: 薪ストーブ | author: オオケン
梅雨の合間に薪割り


湿っていて割りにくい

湿度が高く、汗だくで作業
P7040353.jpg


たったコレだけ割るのに、かなり苦労した

節のある手強いヤツは、チェーンソーを取り出したくなる



「あ〜お父さんもうダメ、疲れた〜」

と子供に向かって言う


最初は嫌々手伝ってくれたが、

そのうち楽しそうに運んでくれる
P7040358.jpg


とりあえず、軒下の薪棚は

薪で満載になった
P7040360.jpg


もう一息だ

comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  
薪棚追加
category: 薪ストーブ | author: オオケン
玉切りした木が

まだ庭に放置されている。
P6090122.jpg


軒下に、そのまま置いていた薪も

そろそろ何とかしないと・・・・
P3208096.jpg





ということで、先日作ったコチラ
P6248554.jpg


三台を軒下に移動させて

屋根をのせて、薪を積む
P6248560.jpg


背面も15cmくらい隙間を空けて

風通しを良くしている


さらに、デッキの入り口近くにも一台設置
P6248555.jpg


コレだけあれば、何とか収まるかな?

まあ、足りなければ

また薪棚作って追加すればいいか


残りの薪割りが終わったら、

次はデッキの塗装と雨どいの掃除、

物置の屋根葺きもしないとな〜


薪ストーブの煙突掃除も、秋くらいには終わらせたい
(今年は業者に頼むつもりだけど、見学してやり方を覚えたい)


と、休日はそれなりにやることがある


最近、トレイル行ってないな〜

なかなか練習に時間が回せないけれど、

ま、いっか


やることが多いのは、幸せな事だと思う
comments(1) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  
薪棚作り
category: 薪ストーブ | author: オオケン
休日の午後に、また一仕事


薪割りがまだまだ大量に残っているが

その前に、薪を乾かす棚をもう少し作ることにした



ホームセンターで2×4材を大量に買ってくる
P6178351.jpg

イメージをもとに

簡単な設計図を書いて

長さを測って、マーキングして

丸鋸でカットしていく
P6178355.jpg



ワンセットごとに分ける
P6178353.jpg


それをあとは組み立てるだけ


電動ドリルがあれば、サクサク組み上がる

一台があっというまに完成
P6178357.jpg



同様に、残り3台も組み立て
P6178402.jpg


あとはコレに、防腐・防水の為に塗料を塗る

これが一番、神経を使い手間ひまがかかる



日没までに何とか終了
P6178453.jpg


色々な場所に設置できるように

移動しやすい大きさ、重さにした



続きは次の天気の良い休日にします

comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  
ウエイトトレーニング
category: 薪ストーブ | author: オオケン
関西も遂に梅雨入り


昨晩から雨がザーザー降っている。

地元の薪ストーブユーザーと、

かなり前から日程調整をして迎えた土曜日の朝


雨具を着込んで、朝8時に現地集合

今日の参加者は3名

ハードな一日になりそうだ
P6090112.jpg

今日の作業は、玉切りした原木を

それぞれの家に運んで分配するのと

残った木をチェーンソーで玉切りする


まずは番号で振り分ける
P6090113.jpg


それをトラックの荷台に積み込み、各家庭へ運搬

一つの家で一往復する必要がある
P6090117.jpg

合計4カ所の場所へ行く


他人の家に行くのは楽しい

薪棚とか庭や家の構造など、興味深い

みんな、コダワリを持って生きている


我が家の分配分
P6090122.jpg



端材も少々
P6090123.jpg

雨の中、チェーンソーで残りの玉切りをして

結局、作業が終了したのは夕方の17時前

雨の中(ほとんど止まず)9時間程の肉体労働

休日だけど、仕事より疲れたかも?

重い丸太をトラックの荷台へ上げ下げするのは、

いいウエイトトレーニングになった気がする



コレだけの量でも、購入すれば結構かかるハズ


それが、労働時間と労力、

地元のコネクションがあれば、タダ



もちろん、こんなに時間と労力をかけなくても

お金さえ払えば、

乾燥済みの程よい大きさの薪はなんぼでも手に入る



なんで、こんなに面倒な事をするのか?

単純に費用を抑えるためだけではない。


どこかで木の伐採があると聞けば、

現場を押さえて、原木を確保

チェーンソーで40cmに玉切りにして、それを運搬し

ストーブに入るサイズに斧で割って、

よ〜く乾燥するように神経を使って薪棚に積んでいって、

極上の薪(2〜3年乾燥させたもの)に完成させ

それを寒い冬に、「あ〜この薪は、あのとき雨の中苦労したな〜」

とか思い出しながら、遂に薪ストーブに投入する


その炎を眺めながら過ごす、至福の時間・・・・

っていうのは、苦労しないと味わえないだろう


「お金で買えない価値がある・・・」「プライスレス!!」


パクリです


comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  
山師
category: 薪ストーブ | author: オオケン
 朝から近所の作業場へ

チェーンソーワークの練習


土曜日だけど、本日は参加者3名でこじんまり

山の斜面から降ろした原木を玉切りする
P5120006.jpg

気温が低く、作業はしやすい

谷間に3台のチェーンソーの音が響くが

自分たちはヘルメットに付いている

イヤーマフ(耳栓)のおかげで、あまり聞こえない


爆音を聞き続けると、それだけで疲れるので

イヤーマフの効果は大きい
P5120010.jpg


刃の目立てがうまくいかないと、なかなか切れない

カンナと原理は同じだが、改めて目立ての難しさを知る

他の2人は、色々なことを知っていて

勉強になる

昼食の弁当を食べながら、休憩

山の中で、木を切りながら食べるご飯は美味しい

辺りは、木の香りが漂っている



残りの分もさっさと片付け

昼過ぎには終了

搬送は後日することに



あ〜切った切った
P5120018.jpg

腰と腕が痺れてパンパンだけど

これだけたくさん切ると、気持ちがいい

ストレス解消にはなる(たぶん、ないけど)


家に帰ってシャワーを浴びて、

今度は家の用事を済ませる


まずは、ずっと放置してあった薪を片付ける
P5120044.jpg



それから、近所に明日のチラシ配り
P5120001.jpg


新緑がまぶしく、虫も少ない

この辺りをうろつくと、本当に良い季節だと実感する

日も長くなってきたし



夕方は嫁と大量に食料品の買い物

あとは、明日の「おうち市」の荷物の準備をして

早々に寝ようっと
comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  
今シーズンはおしまい
category: 薪ストーブ | author: オオケン
4月に入っても、たまに寒い日がある

遂に乾燥した薪が尽きた
P4050003.jpg


なので、今シーズンの薪焚きは終了〜

これからしばらく、エアコン生活です。


来シーズンに困らないように、薪作りの日々。

形が悪い物は、割りづらいし、積みにくいので厄介

余計に時間もかかる
P4050001.jpg


休日はずっと自転車乗ってない。

早く片付けて、練習したい・・・


そんな思いとは裏腹に、

今週末に玉切り原木が手に入る事になった。

嬉しいような悲しいような・・・


まだまだ、薪づくりは終わりそうもない・・・・
comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  
相変わらず
category: 薪ストーブ | author: オオケン
少しずつ庭の片付け

細かい木は

チェーンソーでも手間がかかる
P3208093.jpg

今ある分は

ようやく、ゴールが見えて来た




今シーズン燃やせる薪も

後コレだけ
P3208099.jpg


家の裏に大きめの薪を

これからストックしていく予定

乾燥する前の薪は、水分を含んでいて

メチャメチャ重い



ここのは2年くらい寝かせるつもり
P3208096.jpg


それでもまだまだ足りない・・・


日も長くなってきたので

もう少し薪集めを続けないと。

comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  
薪焚き人の仕事
category: 薪ストーブ | author: オオケン
今シーズン用の薪も

いよいよ後わずか・・・
P3117992.jpg


早く暖かくなってくれる事を願うばかりだが、

春前のこの時期は、

薪焚き人たちにとって、

来シーズンへの準備期間でもある。


地元の有志数名で、山へ

今日はシングルトラックをMTBで走る訳ではない。

地主さんの許可をもらった山林で、

チェーンソーワーク
IMG_0818.jpg


朝8時から15時までみっちりと。

谷間にエンジン音が響き渡る。


他の人たちのチェーンソーワークを見させてもらったりして、

木を切るいい練習になった。


本日の玉切りした分は、

後日トラックを持ち込んで、山から降ろす。

一部を販売し、残りはみんなで分配する予定だ。
IMG_0821.jpg


こんな風にして、自然エネルギーは手に入りやすい。

もちろん、時間と労力は使うけれど

結構楽しいから全然苦じゃない。

心地よい疲労感。

そして、地元民の仲間とも交流できる。


自宅へ帰ったのは15時過ぎ。

庭に放置してある木を、薪割りして少し片付けていく。


いつの間にか、長男と嫁も手伝ってくれて、
IMG_0826.jpg

そのうち止まらなくなる。

どんどん薪割りをして、

何とか日没前に終了〜

すっかりキレイになった庭
P3117989.jpg



そして、薪棚も一気に埋まる
P3117994.jpg


もう少し、庭の奥に原木が残っているのと

本日、玉切りした分の分配も考えると

しばらく冬の燃料は大丈夫だろう。
comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  
new old
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
PROFILE
OTHERS
SEARCH