備忘録ブログ。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
RECOMMEND
シクロバイクでツーリング
category: シクロクロス | author: オオケン
整備で預けていたシクロクロスバイクを

先日ようやく取りに行く。


ロードやマウンテンとポジションが全く違うので、

ポジションチェックもかねて、軽くツーリング
PB018747_Snapseed.jpg


家を出た時は晴れていたが、

風がすっかり冷たくなってきた
PB018737_Snapseed.jpg

レッグウォーマーにシューズカバーなど、

冬の装備じゃないと快適に走れない


小さな集落を抜けると、すっかり秋モード
PB018746_Snapseed.jpg


田んぼの稲刈りも終わり、静けさが漂う

ススキも風になびいていた
PB018751_Snapseed.jpg

天候が不安定で、急に雨が降ったりやんだりも秋らしいけど、

家の近くの山には虹がよく架かる
PB018757_Snapseed.jpg

よ〜く見ると、ダブルのアーチ

これはかなり珍しい現象で、

遭遇した人は幸福になれるらしい。

本当に、この辺は虹が良く出る。


comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  
関西シクロクロス・北神戸
category: シクロクロス | author: オオケン
朝7時15分に起床

・・・・寝過ごした。


子供を起こしてゆっくり準備、

8時前に出発しノンストップで9時には到着

レーススタート直前にアップがてら軽く1周


今日もシード
P1157466.jpg

毎回呼ばれるのも悪くない



スタートダッシュ珍しく大失敗

ギアが重すぎて出遅れる
IMG_9497.jpg

アップダウンが多いこのコースは

クロカンライダー向き

周りには、ジャパンシリーズで顔馴染みの

エリートライダーが数名


そこから少しずつ挽回し

3周回目にはトップに

でも、実力が拮抗している

すぐ後ろを振り向けば、何人もいる


それが面白い

下りのタイトコーナーで攻める


フロント荷重した瞬間、タイヤがロックして転倒

何が起きたかすぐに把握できず

すぐに起き上がって走り出そうにも

バイクが全く進まない

チェーンか?・・・・いや

タイヤが回らない

チューブラータイヤが剥がれた  ← 昨シーズンに貼ったもの(整備不良)
P1157489.jpg

スペアホイールもスペアバイクもないので、リタイヤ


今日も昇格できませんでした

残りのレースはド平坦なコース  ←不得意

このままカテ2でシーズン終わりそうです


↓リタイヤの瞬間が少し写ってました(3:46あたり)
comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  
今年初ライド
category: シクロクロス | author: オオケン
今年の初ライドは

関西シクロクロス・希望ヶ丘C2  

自宅から車で30分と近い


昨年末の奈良くろんど池から

ちょうど2週間振りのライド


その間、北海道でだらだら過ごしていたので、

かなり身体が重い



そんな中、招集

前戦までの順位から、今回も

シード選手として2番目に呼ばれる
P1087349.jpg

C2は全部で60名弱程

お隣は、岡崎選手

「よろしくおねがいしま〜す」と爽やかだ


自分の体力が明らかに落ちているのがわかっているので、

とにかく前半のテクニカル区間で

アドバンテージを少しでもとっておく作戦


スタートダッシュは、わりと決まる
IMG_7976.jpg


アップダウンの多い

前半のシングルを抜けるまではトップだったが、


広いジープロードに出た所で終了〜

2人に抜かれる


あとは踏んでも進まず、ごまかしながら走る




こんな砂場は脚がいる
P1087370.jpg


脚がないので、かなりキツい
IMG_8207.jpg


その後も何人かに抜かれ

約40分の今年の初ライドが終わった
P1087368.jpg


まあ、2週間振りにしては走れた方だろう


上位のうち3名は若者なので

5位の選手でもC1昇格したらしい  ←あと34秒


でも、C1で走るより、C2の方が断然楽しい気がする

・・・こんな考えだから、昇格できないんだろうな、きっと



帰る前に、

希望ヶ丘公園内にあるトランポリンで

子どもと遊ぶ
P1087377.jpg

さて、

家の前の雪が溶けたら

ボチボチ乗り始めます
comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  
今年ラストレース
category: シクロクロス | author: オオケン
奈良にある、くろんど池での関西クロス

12/25のクリスマスにもかかわらず、

エントリーは500人オーバーらしい


C2クラスも60人くらいで多い

そろそろC1への昇格を狙いたい所だが  ←上位2名が昇格

何だが周りのメンバーが異様に豪華すぎる


スタートはシード選手として2番目に呼ばれ最前列へ
cw_kurondo-9.jpg
Photo by cyclowired


1周目、スタートループで誰かがコースを間違い

今回も右側で落車が起こる

幸い、左側前方からスタートした自分は

巻き込まれずに済む


スルスルと抜け出し、この時点で5〜6位くらい

しばらく池の周りの踏み踏み区間をハアハア走っていたら

ロードプロと元ロードプロ数名が一気に抜いて行く

自分の走り込み不足は否めないが

さすがロードトップ選手の加速は凄すぎる


その後のアップダウンのある

テクニカル区間で何とか挽回したいところだが
_DSC6871.jpg
Photo by Akihiro Nakao


コースも狭く、なかなか抜くのは難しい



階段の登りも、担ぎは脚にくるので

乗れる所までできるだけ乗車して行く
cw_kurondo-13.jpg
Photo by cyclowired


そんなこんなで自分のペースで走るが、後半脚がなくなる

前方の選手との差も徐々に開いて

最終回でさらに一人に抜かれて、結局今年のラストレースは5位

まあ、苦し楽しかった

しばらくバイクから離れます


詳しい記事はこちら





comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  
関西クロス・丹波自然運動公園
category: シクロクロス | author: オオケン
最近、ほとんど自転車乗ってませんが

意外と近い京丹波にて

今年、三戦目のシクロクロス参戦



今回はMTBが入院中の為、

仕方なくクロス車で参戦

C2は40人くらい
DSC05731.jpg


朝の試走時はめちゃめちゃ寒く(-3℃?)

指がかじかんで、

レバーがまともに握れなかった 



まあ、レースが始まれば

身体も温まって、問題なし
PC187041.jpg

天気もよく、気持ちよく追い込めた


あと7秒で、表彰台とC1昇格だったみたい

まあ、今の実力からしてこんなもんでしょう。



帰りに久々に「緑モス」へ


あっという間に、無くなる

最近、子供達の食欲が凄い

comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  
関西シクロクロス・第2戦 滋賀県マキノ高原
category: シクロクロス | author: オオケン
前回の日吉クロス以来、

一週間ぶりにバイクに乗る



チェーンが錆びていたけど、自分の足も錆び錆び
PB136756.jpg

バイクは進まないけれど、気持ちよく追い込めた。



キッズレースが終わった後に

久しぶりに奥琵琶湖方面へ
PB136764.jpg


紅葉はまだまだこれからな感じ

今年は本当に遅いな〜



普段、あまり行くことのない

湖東方面にも足を延ばす


「江」の生まれた小谷城址への入り口の門
PB136772.jpg


ここから2km位の山道を登ると、城跡がある


父「よ〜し、登るか」

娘「ヤダヤダヤダ」

嫁「また今度ね」

長男「・・・す〜す〜(熟睡中)」

次男「ムシャムシャ(揚げパン食べてる)」


・・・・・登頂断念




オフトレーニングとして

本格的に登山がしたいと思う今日この頃。

道具はあるけれど、なかなか家族を置いていく気になれない。

長男あたりを誘ってみようかな・・・
comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  
関西シクロクロス・京都日吉
category: シクロクロス | author: オオケン
今年初クロス

昨年度の不甲斐ないレースのため

今年はまたC2に

日吉のコースは毎年パンクしているので

C2ということで、マウンテンでスタート

が、全然進まず、2周程してクロスバイクにチェンジ

しかし、脚を使い果たしあとはクルージングモード

クロス向けの練習が必要と感じた。


で、今日のメインはキッズレース

小5の息子がようやくやる気になってきた
DSC05262.jpg

が、周りの子供達は

大人顔負けの、本格的なバイクにウエアー

ディスクブレーキにエアサス、

ビンディングシューズは当たり前な感じ


そんな不利な状況の中、息子は精一杯がんばった。

そろそろ、息子のバイクを組むとするかな。


泥(鹿の糞)レースの後は、洗濯が大変
DSC05280.jpg

息子も手伝ってくれた

洗車も三台だと疲れる ←しかも日吉の泥、落ちません
DSC05285.jpg


そんなこんなで、一日があっという間に終わる

「かんじる比良」、行けなかった〜  ←17時まで
comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  
関西シクロクロス・北神戸
category: シクロクロス | author: オオケン
前日と前々日は続けて忘年会

二日酔い気味のなか

朝から兵庫県の北神戸へ



シクロクロスも今シーズン3戦目


北神戸は上り下りのあるテクニカルコース


ド平坦よりは自分向きかな?

そろそろポイント取らないと

C1残留が・・・・・・


DSC01645.jpg




あいかわらずの


泥コースで溝もある


PC191490.jpg

スタートはお昼頃。

その頃には路面も乾いて

走りやすいが

自分はちょっと残念。

スリッピーでテクニカルな方が

おもしろいから。





最後尾からスタートして

一人ずつ抜かしていく
_D307013.jpg
photo by akihiro nakao




スタート前にチームメイトと空気圧の話をした

それで、自分も落としてみる。



振動が全然ない

ふわふわで走りやすい。



リザルトは・・・・・

ま、こんなもんでしょう。


詳しくはこちら




comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  
全日本シクロクロス選手権・観戦
category: シクロクロス | author: オオケン
全日本の当日、嫁子供を京都へ送り届け

滋賀のマイアミ浜へ

出場資格はかろうじてあるが

今回はおとなしく観戦する。


前日は忘年会でちょっと飲み過ぎ 

電車で2駅程寝過ごしてしまう  ←しかも終電だった

日付が変わって、嫁に車で迎えにきてもらった。


そんな、二日酔い気味の中

久しぶりにじっくり観戦していると、

いろいろ勉強になる。


エリート男子は全国から72名が出場
cxncs06.jpg


今年は滋賀県での開催なので、

やはり関西勢が多い。


トップと後続を比較してみる。

強い人はポジションが美しい。

動きにもムダがなく、ブレてない。


そんなこんなで、あっという間の一時間

終盤はクロスの帝王の気迫が勝った、

という感じでした。

追い込み方が、ハンパじゃなかった。


そして、ついに全日本チャンピオン9連勝です
PC121436.jpg

チャンプは今回のレース、

2台のバイクを半周ごとに交換して

トラブルがないように

常に奇麗な状態を保っていました。


メカニックやピット作業もクロスには

とても重要だってことを再確認しました。

選手一人の勝利ではないんですよね〜

奥が深いです。


そして、2位は地元、関西のタケノウチ選手が

スプリントで見事逆転!!

「toyoフレーム」が1,2フィニッシュでした。




comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  
福知山・由良川へサイクリング
category: シクロクロス | author: オオケン
日本海経由で

京都府の福知山へ

kscxyura02.jpg

由良川の河川敷にて

1時間のサイクリング

往復の移動時間を考えると

なんと効率が悪い練習だろう


どうも平坦コースはリズムが合わない


アップダウンの多いコースの方が、

自分には合っている気がする。


comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  
関西シクロクロス#2 滋賀県マキノ
category: シクロクロス | author: オオケン
家から車で30分程の所にある

地元 滋賀県のマキノ高原へ   

↓北海道っぽい、メタセコイヤの「並木道」
PB211204.jpg



今回は、シクロクロス世界選手権の代表選考レースでもある。

しかも国内で唯一UCIポイントも付くというだけあり、

ヨーロッパから一時帰国しているタケノウチ選手

プロロード選手や長野勢など

国内のトップ選手が集結。

来月に行われる全日本選手権の前哨戦の様相を呈している。

スタート前のライセンスチェックから

サインシートへサインし

タイヤの幅をノギスで計測され(規格では32mmまで)

選手を集めてのミーティング。

このへんのキッチリした所が

全然遊びじゃない感じで、いつもと雰囲気が違う


レースの方は、シクロの帝王ツジウラ氏と

ベテラン小坂氏の一騎打ち
PB211190.jpg


で、二人のペースが速すぎて

自分は足切り、終了〜でした

途中から二人のレースを観戦していましたが

ゴールするまで、終始スプリント合戦で

非常に観ていて面白かった。



さて、来月はいよいよシクロの全日本選手権です。

しかも地元(滋賀)開催!!

(一応)C1選手なんで全日本選手権への出場資格はあるんですけど

トップとはレベルが違いすぎるんで、

たまには観戦でもしようかな〜  ←弱気
comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  
関西シクロクロス開幕戦・日吉
category: シクロクロス | author: オオケン
 今シーズンの開幕戦

京都府南丹市、「府民の森ひよし」へ

滋賀の家からは京都市内を横断するので

約2時間かかった


MTBの参加者と顔ぶれが違うので新鮮だ

ロード選手も多い

C1は昼頃にスタート
DSC00788.jpg

出場選手は30名程

次戦以降、C2からの昇格者や

長野からの遠征組が増える予感が?


今のうちに残留を決めておかないと!!

が、スタート直後にいきなりリアのパンク


まだスタートして30秒程しか経っていないのに・・・・・

スペアバイクもホイールもないので

リタイヤするつもりで、トボトボと歩いていたら

チームメイトのおやじさんが

スペアホイールを貸してくれる

というので、ピットまで走る

このとき、他の選手は遥か前方


ありがたくお借りし、追い上げようと試みるが

どうもこのコース、自分には相性が悪いようで

過去のレースで毎回パンクしている気が・・・・・


それでも、周りの温かい応援もあり

がんばらないわけにはいかない


で、3周くらいして

ガレたところを勢い良くダンシングしていたら

今度はフロントタイヤが「ブシュー」っとパンク!!


チームメイトはトップ争いに加わっているので

これ以上、ホイールを借りる訳にはいかない

と判断し、リタイヤしました

コース場は、こんな石(岩?)がゴロゴロ 
PB071033.jpg

やっぱりシクロクロスは、

機材スポーツ色が強い

と感じた


レースはおもしろいんですけどね
comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  
関西シクロ/滋賀県・希望ヶ丘公園
category: シクロクロス | author: オオケン
1/10(日)

今年初めてのレース。

まずは近所の「Radio Bagle」でベーグルを仕入れる。



日曜日ですが、常連さんがひっきりなしに出入りしています。

ここのベーグルはやっぱりおいしいです。


それから、滋賀県へ。

高速使うとあっという間ですね。

1時間もかかりませんでした   ←近い

レースの方は・・・・・・・

ベルギーから一時帰国している、竹ノ内選手も参戦。

全日本選手権2位の小坂選手と、プロロード選手でもある息子

かつての全日本覇者、ベテラン大原選手など強豪揃いのなかスタート。

スタートして、トップ集団はどんどん後続を引き離して行きますが、

上位グループ以降になると、レベルもバラバラ。

テクニカルセクション登りで誰かが足を付けば、あっというまに詰まります。

かといって、一気に抜いて行く脚もないので、一人ずつ無理せず抜いて行く。

自分のリズムがつかめないまま、周回を重ねる。



後半になって、前方がクリアになってようやく自分のリズム、ラインで走れるようになる。

しかし、あいかわらず平坦路は遅いです、自分。

レース終盤にトップ(小坂父)に抜かれてから、一気に集中が切れる。

ここで、自分はレース終了です。  

いままで競ってた選手3人くらいに一気に抜かれますが、

ただ見送るのみ。

あとはクルージングモード。

得意なコースのハズですが、結果もいまいちでした。

そんなに遅くはないハズですが、上位グループはレベルが違いすぎます。


子供は広い公園内を走り回って遊んでいました。


駐車場で昼食のインスタント焼きそばのお湯を沸かす。

子供たちの目が輝きます。

普段、めったに食べないインスタント食品が大好きなんです。

この、濃い味が子供を引きつけるんでしょうね〜

自分も昔、そうでした・・・・ ←遠い目

帰りに、南草津にある「モンベルショップへ」

シュラフを物色。

今、家にあるのが
オールシーズン用(厳冬期用)1つと
3シーズン用(春夏秋用)が2つ
子供用の3シーズン用が1つ。

最近のシュラフはストレッチ素材で寝袋内で「あぐら」がかけたり、
2つのシュラフをジッパーで連結させたりと、すごい進化しています。

と感心しただけで、結局何も買わず。

自分のシュラフは、もう10年以上使ってますが、
若干ダウンの量が減っているだけで、まだまだ使えます。
10年以上前に厳冬期の北海道(1月の奥尻島)を一人で旅したときに
テントを張って寝ましたが、このシュラフのおかげでわりと快適でした。
外気温はー10℃くらいでしたけど、テントを少し雪で埋めちゃえば
案外、中は暖かいんですよね。



comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  
関西シクロ・北神戸
category: シクロクロス | author: オオケン
12/27(日)

今年最後のレースです。

コースが例年と少し変わっていて、細かい切り返しと、平坦路がミックスされた

なかなかハードな設定です。

軽く試走して、バイクを降りる所とライン取りを確認。

12月とは思えないような、汗ばむくらいの陽気。


今回は世界戦にもよく出ておられる、最強親子も長野から参戦。

トップは二人でバトルをしていたみたいです。



何とか前の選手について行こうとがんばりますが、やはり平坦になると遅いです、自分。

結局、何とか90%はとれたみたいですが、ダメですね〜

身体が重いです。

photo by akihiro nakao


もう少し、他の選手と絡めると楽しいんでしょうね。

詳しいレースの模様はコチラ↓

こちらにもありました↓

comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  
関西シクロクロス/由良川
category: シクロクロス | author: オオケン
12/6

京都府福知山へ

今回からC1に昇格したので、朝はゆっくり起床して

レース開始の一時間前くらいに到着

平坦コースは苦手ですね〜

まったく脚が回らずいいところナシ

息子もダメダメで、親子共々惨敗でした。


で、レース後すぐにまたまた用事で滋賀県へ

今日も打ち合わせです。

最近なんだか家のことばかり考えているんで、

本当にチャリ乗れてません。

だんだん寒くなって来たんで、巣ごもり気味かも?


comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  
関西シクロクロス・滋賀県マイアミ浜
category: シクロクロス | author: オオケン
 11/22(日)

先々週のレースはメカトラでリタイアしましたが、

その後、右のレバーの部分だけ交換し、無事復活!!

変速がパチパチ決まります。

で、今回もカテゴリー2

今までのレースでの上位選手がまず呼ばれて、スタートラインへ

自分は今シーズンまともに走っていないので、

またまた後ろの方からスタート

総勢60名くらい

スタート後はしばらく集団で走る。

最近はチャリに乗る時間が少なく

10月のジャパンシリーズ最終戦以降、

レース以外の休日は1mmもタイヤを転がしてない。

持久力も脚力も落ちているのを自分でも自覚している。

なので、無理をせず今ある力を有効に使う作戦。

とにかく無理をしないこと。

スタートしてからもしばらく集団走行で様子をみる。

一周目で早くもトップ集団から離される。

その後、一人一人慎重に抜いていく。
photo by :akihiro nakao

木の根っこを越えるときは、パンクしないように慎重にいく。

前がクリアになると砂浜セクションも走りやすい。
photo by :akihiro nakao

もう少し空気圧を落とせば、グリップするんだろうけれど

パンクリスクを考えて、少し高めの圧にしている。

ラストの周回でようやく前が完全にクリアになる。

そこからようやく自分のリズム、ラインで走るけど、

カテ2は時間が短いです。

5周回で終了〜

結局、2位まで上がっていたみたいですが

トップの選手は序盤から先頭で飛ばしていて独走状態だったみたい。

まあ、とりあえず自分はまたカテゴリー1に昇格が決定したようです。

次戦からは、また国内最高峰のクラスで走ります。

もう少し、練習しなければ。

レース後に、マイアミ浜名物のしじみ汁をいただきました。

寒い日は身体の芯からあたたまりますね〜

地元のおばちゃん、ありがとう!!

帰りに、京都の大原を通りました。

ちょっと気になっていた、最近出来た道の駅?へ

京都の地元の野菜直売もしていて、活気がありました。

もう、すっかり秋ですね






comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  
関西シクロクロス・第2戦 滋賀県マキノ高原
category: シクロクロス | author: オオケン
 11/8(日)

開幕戦は保育園のバザーなどでDNSだったので、

今日が今シーズンのシクロクロスの幕開けレース。


今年は昨年度のふがいない走りが影響して、


ランクが一つ落ちてカテゴリーC2です。


天気もよくて汗ばむくらいの陽気でしたが、


スタートしていきなりトラブル、最後尾になりました。


その後もシフトの変速がおかしくて、ギアが全く動かない。

photo by akihiro nakao



久々の階段登りはキツいのなんのって・・・・・


その後ふらふら(足がパンパン)で、案の定下りでも


ブレーキが全然利かないんで突っ込んでコケました・・・

せめて完走を・・・と思ってましたが、

相変わらずシフトも変わらんし

モチベーション↓


くるくる回してもちっとも進まないので、DNFでした。

3周しかしてませんが、シクロクロスは足にきますね〜


その帰りに子供と琵琶湖の見える公園へ


来年小学生になる娘が、一番激しく遊んでいました


琵琶湖のほとりで遊んだりもして、

子供もなかなか楽しそうでした。



comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  
TESTACH RACING ラストレース!!
category: シクロクロス | author: オオケン
2/8(日)

今期最後のシクロクロス。

場所は福知山。

おもいきり走る。


後半、脚が痙攣する。

風が強い。

脚がないと進まない。

風よけの選手も前にはいない。

トップにラップされた。

走りきる。

悔いはない。

もっと練習したいと心底思った。

でも、これが現実。

当然の結果。

仕方がない。

3月からチームが変わります。

サポートもしてくれるそうです。

看板背負って走るからには、結果も出さないと・・・

ありがとうございました。TESTACH!!

comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  
関西シクロクロス・京都桂川
category: シクロクロス | author: オオケン
1/25(日)

地元京都の桂川でのクロス。

自宅から車で30分ほどの距離にあるため、会場に到着したのが

スタート45分前くらい。

結局、試走やアップもせずにスタートしました。   ←やる気なし



コースはほぼ平坦で、アップダウンもなく苦手なコースです。

途中、フロントの変速トラブルで重いギアが踏めず

あとはずるずると後退。   ←チーン

息子もキッズレースがんばってました。


で、レース終了後に駐車場でお湯を沸かして

カップラーメンをみんなで食べる。


子供たちは、ふだんめったに食べないカップラーメンが大好き・・・

すごい勢いで完食!!

さらには親の分まで欲しがります・・・・・

最近、食事量が大人並みになってきました。 

特に一番下の2歳児の食欲は底なしです。

comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  
関西シクロクロス・大阪 堺
category: シクロクロス | author: オオケン
1/18(日)曇りのち雨

京都からここ堺までは高速で1時間くらいで着きますが

その高速道路がありえないくらい複雑なんです。

ナビが付いてない我が家の車は、カンと何となくの方向感覚に頼っていた。

そんな昨今の事情を変えてくれたのが、またもやiphoneちゃんです。



内蔵されているGPSを使って、目的地までのルートを検索してくれます。


特に複雑な高速道路のジャンクション手前で現在地がわかるだけでも助かります   

で、思ったより近い堺ですが、まわりは完全に工場地帯。

でっかい工場がばんばん建設されていて、昨年はコースだったところもなにやら建造物が建っていて

コースが縮小されてる・・・・

この調子だと、年々コース縮小されちゃうのかな?

レースです。

結果から申すと、90% とりました!!

でも走りは相変わらずだめだめでしたけど。

まあ、とりあえず90%とるという今日の目標は達成されたのでよしとしておきましょう。

photo by nakao

さて、帰りにせっかく大阪に来たんだからと、鶴見のアウトレットモールに寄ってみる。


まあ、でもこれといって欲しいものもなく、ラーメンどんぶりだけ買って帰る  

晩飯は、今年初めてのジンギスカン!!   ←嫁子供は2回目


北海道にいるときは週一回くらいのペースでジンギスカン食べてましたね〜

ジンギスカンを食べると、故郷を思い出します。

どうして京都に売ってないのかな〜、味付きラム肉

おいしくてヘルシーなのに。
comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
  
new old
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
PROFILE
OTHERS
SEARCH